パンゴンツォへの道のり

インドのパンゴン湖に行きたい。 インドのグルガオンで働いています。


人生には節目がある。

わかりやすいところだと、学校の入学、卒業。就職、退職。

日本は義務教育期間があるので、学校の卒業まではだいたい人と同じ時間軸だが、例えば大学を卒業した後の人生は本当に人それぞれとなる。

そしておそらく人生の大きな節目と捉えられるイベントが目前に迫っている。

結婚だ。

自然に出てきたタイトルは独身に焦点を当てたもので、現時点での私の気持ちとしては、未来へのワクワクよりもこの生活が終わることへの寂しさみたいなものを感じている。

ただ、私の独身生活はそう長くない。

おおむね22歳頃から、実家で一人暮らしをしている。(親は別の家に住んでいる。)
それまでは、家族で暮らしていたので、「独身生活」を意識したのは一人暮らしをしてからだろう。
なので約8年間の独身生活に終止符を打つことになる。

楽しかった。
お金がなくて贅沢できない時もあったけれど、全部自分で決断して自分で責任を取ってきた(つもり)。

実家を空き家にしてまで突如決めた、六畳一間の渋谷駅徒歩圏での憧れの都会生活はきっといつまでも忘れられない。

なんでも自分で決めて、自分でおケツを拭いてきた。



でも、結婚したらそうはいかないんだろうな、と思うことがたくさんある。

自分の考えだけでは決定できない事柄が増えるんだろうし、24時間365日自由を謳歌できるわけではないのだろうな、と思っている。

(お互いの独自性を尊重し合うカップルもいるのだろうことは想像がつくけれど。)

それでも、現代人の多くが「結婚」という手続きを選択をしている。



結婚を意識し始めてから、「結婚」を選択した人たち全員を尊敬し始めた。

こんなに喧嘩して、そのたびに(納得はしていないにせよ)解決点を見つけて、一緒にいる選択をし続けてきているのかと。

それから、結婚からの同居ということに関しては、私の親と祖母への感謝の念が溢れ出てきた。
私は当時、「(選択できない)私ばっかり辛い」と思っていたけれど、母には母の、父には父の、祖母には祖母の大変さがそれぞれあっただろうなあということをやっと実感できた。
心の中に、ごめんなさいとありがとうが連なる。



私は、自分の人生を誰かのせいにしたくない。
学生時代、父親に「成功」というワードを聞かされる度に、いらだちを覚えた。
私にとっての「成功」の定義は「自分の人生を自分で決められること」だった。



結婚をするという決断は、自分で決めたこと。
だけど、これから先の人生は全てがそういうわけにもいかなくなるんだろう。
好きな時に好きな場所で生活を営むことができない、という点でも。



私は自分の意志でインドに来た。
だけど、ロックダウンが長く、コロナの脅威が収まっていないことから、私がインドに来た理由でもある「旅行」「映画館」がまったく楽しめていない状況が続いている。
インドであることの意味、インドにいることの意味、を考えることから逃れられない。
私は、国やVISAの観点から「インドにいる権利はあるけどいなくてもいい」人間なので。
もちろんパートナーがここにいて、今のところはここに住む選択をしているので、住み続けることにはなるのだけれど。



正直、儀式の日程が決まってからずっとパートナーと喧嘩をしていて、なんならプロポーズの時から、いや、去年の終わりくらいからずっと喧嘩しているような気持ち。
旅行には一度しか行けていないし、映画館に行けるようになったと思ったらすぐに2回目のロックダウンになってしまった。
相手とのハピハピな思い出よりも、話し合いをした出来事のほうが容易に頭に浮かぶ。



でも、簡単に思い出せる大喧嘩の先に、話し合いを終えた後の相手の笑顔やハグ、根気強く向き合ってくれる相手の優しさがあるからここまで一緒に歩いてこれたと思う。

彼と共に歩んでいくこの先の人生がどうなるか、本当に本当に予想がつかないのだけれど、この忙しい日々が過ぎて、結婚の儀式と新婚旅行を終えたら、少し前向きな気持ちになれたりするように思える。

ひとまずは、儀式で着る予定のレヘンガやおめかしを楽しみに気持ちを上げていきたいと思います(笑)



P.S.
ちなみに、日本の書式の婚姻届を書く機会が無くなりました。ちょっと憧れてたけどね……。


こんにちは。

インド生活2年と1ヶ月が経過しました。

昨年、インド生活1年間の支出をブログにアップしていました。



これは1年目の支出だったのですが、2年目はどれくらい使っているのかをサラッと振り返ってみました。

※家賃・光熱費と日本口座の支出は含みません。


2 rupees


 月別の支出詳細 

2020年4月  Rs. 24,769 (約36,970円)
2020年5月  Rs. 26,890 (約40,136円)
2020年6月  Rs. 60,145 (約89,771円)
2020年7月  Rs. 56,056 (約83,668円)
2020年8月  Rs. 42,089 (約62,821円)
2020年9月  Rs. 37,647 (約56,191円)
2020年10月 Rs. 41,770 (約62,345円)
2020年11月 Rs. 37,776 (約56,384円)
2020年12月 Rs. 68,112 (約101,663円)
2021年1月  Rs. 43,005 (約64,189円)
2021年2月  Rs. 24,638 (約36,774円)
2021年3月  Rs. 53,385 (約79,681円)

   総計 Rs. 516,332 (約770,667円)

※2021年5月16日のレートです。Rs.1が1.49円です。

月平均でRs 43,027 (約64,222円)

1年目と比べると、年間で-Rs.209,364、月平均で-Rs.17,471となっていました。

1年目は手術・入院が発生して、その分の支出が大きかったこと。
2年目は、4月と5月は厳しいロックダウンがあったことと、旅行や娯楽などが楽しめなかった分、支出が減ったことで、こういった差が出たと思います。


 費目別の支出まとめ 

第1位 外食
Rs.156,533 (約233,668円)


1年目より少し増えています。
この費目にはデリバリーも含んでいて、自炊以外の食費になっています。
ロックダウン中の4月と5月はデリバリーもあまりしていなかったんですが、アンロックが開始されてから、日本食レストラン等の応援の気持ちもあり、繰り返し注文することを意識していました。


第2位 食材費
Rs.119,503 (約178,368円)


1年目より大幅に増えています。
ロックダウンの4月、なるべく食材や備品を家に置いておこうと思い、多く購入していました。
夏(9月~)に引っ越しをし、前にいた住居の近くよりも少し高めのスーパーを普段使いするようになったため、単価が上がっている可能性もあると思います。


第3位 医療費
Rs. 82,537 (約123,193円)

今年は手術等なかったものの、
・美容皮膚科でのPRP治療
・HPVワクチンの接種
・コロナの検査や治療
に関する費用がメインで発生しました。
HPVワクチンの接種が完了して満足です。


第4位 プレゼント
Rs. 32,110 (約47,927円)

プレゼントの他に、人にあげた現金や寄付なども含んでいる費目になります。
自分以外への支出ですね。
1年目より増えていてお財布と心に余裕が出てきたのかな、と思います。


第5位 運動
Rs. 30,736 (約45,876円)


運動に関する費用全般で、Fitbitの購入、cult.fit(ジム)の入会、プロテインの購入などです。
この出費を無駄にしないようにしたいですね。


第6位 美容
Rs. 29,818 (約44,506円)


美容室に2回行ってRs. 20,000ほど、他に洗顔やクリームなど。
日本でお願いしていた美容室に行けない状況になってしまったので、グルガオンにあるTOKUMIさんのサロンにお願いしています。
パーマかけてカットして頂きヘッドマッサージまでしてくれます。


第7位 被服費
Rs. 22,918 (約34,207円)

1年目よりは減っています。
コロナの影響で家にずっといたので、家の中で着るためのラフなワンピースをちょこちょこポチっていました。


第8位 交通費
Rs. 16,318 (約24,356円)


交通費も1年目より減っていますね。
なにせ移動が制限されていた1年間だったので……。


 おわりに 

インド生活2年が終わりました。

振り返ってみて驚いたのは、食材費の支出が増えていたこと。
やっぱり買いに行く店舗が変わったことで、そこでオーガニック食材やグルテンフリー製品を購入する回数が増えて単価が上がったのかな。

3年目の今は、すでにレーザー脱毛やスマホ購入などで10万以上使っていますが、必要経費なので大丈夫!

今年は(できれば)日本への一時帰国やら結婚やらで少し出費が増えるかなとドキドキしているので、貯蓄も意識しながら食べ物を腐らせたり無駄にしたりしないように生活を意識していこうと思います。



念願のレーザー脱毛デビューを果たしました。



 経緯 

日本で、光脱毛をやってみようと思ってミュゼに行って話だけ聞いて終わったことがあるんだけれど、それが約8年前。

その頃から脱毛に関心があり、そしてインドに来て、物価が安く脱毛にかかる費用も安いと聞いたので、えいや!と思って行ってみた。

・清潔感がある
・英語でうまく意思疎通できなくても親切なところ
・コロナ禍でも倒産しなさそう
・ちゃんとしてそう

こんなことを念頭に、下の3店舗を選び出して、ウェブサイトの予約フォームから申し込んでみました。

・Kaya Skin Clinic
・Clinic Dermatech
・Asian Roots

すべての予約フォームに電話番号とメールアドレスを入力していたので、電話が取れなくてもメールで連絡が来ればいいな、と考えていました。
しかし全くメールは来ない。
その代わり、電話はその日に3回ずつかかってきていました。でも仕事中で電話が取れなかったんです。
1回出れなかったらメールかSMSを送ってくれよ……。本当に電話社会だな……。などと思っていました。

携帯電話からかかってくるので、どの電話番号がどの店舗のものかわからず、折り返しする気力もなくその日は放置。

次の日にも電話がかかってきたので出てみたら、Kaya Skin Clinicからでした。

本当は3店舗全部で話を聞いて相見積もりをしたかったんですが、(本当に急に)コロナが爆増してしまい、この中でいろんな場所に行くことはリスクの高い行為となってしまいました。

なのでKaya Skin Clinicだけで予約。

予約後、メールにて予約確認連絡があり、リスケジュール用の番号も記載されていました。
(事情がありリスケしたんですが、丁寧に対応してくれて好印象。)


 予約当日 

予約と言っても、これは医師によるコンサルテーションの予約です。

「Laser Hair Reovalをしたい」というと、基本プランの説明がありました。

ここでは施術部位を8パーツに分けていて、パーツ毎に施術するほうが高額で、全身脱毛のほうが格段に安く見えるような金額設定。

私は元々全身脱毛希望だったので、一通り話を聞いて全身脱毛を選ぶことを伝えました。
全身脱毛は8パーツ×6回で、48回分という内容。

そうすると、次に、お医者さんではなく会計担当の人を呼んでお金の話。
その時点で提示された金額は80,000ルピー(約115,323円)。

今日契約するから70,000ルピーにならないかと言ってみると、一度断られたもののマネージャーに確認に行ってくれました。

そして、5%引きの76,025ルピー(約109,592円)なら、という返事だったので、交渉が苦手な私はその金額で快諾。

代金を支払ってすぐに施術となりました。



 脱毛施術 

施術部屋はもちろんすべて個室になっています。
店舗入口は小さいけれど、中は思いのほか広く、パッと見て4部屋程個室があった感じでした。

laserhairremoval1

laserhairremoval2

個室は特に広いことはなく、必要最低限のスペースと物品があるだけ。

私は、黒いペロンペロンのロングワンピースに着替えることに。

私物や服は、鍵付きの棚に入れられるようになっていて安心できました。

着替えが終わったら、ベッドに横になってスタート。

機械を2種類持って来て、全身脱毛なので2人がかりでスピーディーにやってくれました。


冷房ガンガン

寒い。インドは通常の冷房設定が18℃くらいなんですが、レーザー照射で熱くなるためか全裸でも冷房ガンガン。
寒いと言えば弱くしてもらえると思うので、次からはちゃんと要望を出そうと思います。
終わるまで約2時間耐えたけど風邪ひくかと思った……。

シェービング

冷たいジェルを惜しみなく出し、照射する直前に毛を剃ってくれます。
自分で剃ってきたほうがいいかどうか聞いたら、「自分で剃ってきたらその分時間短縮にはなると思う」という回答でした。
別に剃らなくても良いようです。
レーザー脱毛=医療脱毛なので、ここではカミソリが扱えるんですよね。
そのカミソリは使いまわしということはなく、新しいカミソリの封を開けて使用し、使用後は破棄していたのでそれも安心ポイントになりました。
(VIOもきっちり剃ってくれます。)

何度も照射

日本で脱毛体験をしたことがないので違いはわかりませんが、何度も照射してくれます。
目で見て毛の違いがあるのか私にはわかりませんが、脇の施術が甘かったのか、スタッフさんが最後のチェックをしている時に脇の照射をやり直していました。

恥じらいはなし

これは私だけかもしれませんが、恥ずかしくなることが全くありませんでした。
ペロンペロンのワンピースに着替えたとは言え、全身脱毛を2人がかりでスピーディーにやってくれるので、上も下もという状況になりもはや全裸。そして開脚。
私が日本人でスタッフさんがインド人で、母語は通じないし、知り合いではない、という点が恥ずかしさを感じない大きな要因かなと思います。

痛み

「輪ゴムではじかれたような痛み」と聞いていましたが本当にその通り!
上半身を担当した機械は、一ヶ所ずつ丁寧に照射するタイプでしたが、脇の照射がまさに輪ゴムではじかれたような痛み。
しかもそれが1回で終わるわけではなく何十回も連続して行われるので痛い。
耐えられないほどではないけれど、相当しかめっ面してたと思います。

下半身とVIOについては、おそらく機械が異なっていて、素早く連続照射するタイプのようでした。痛みは脇の時よりも分散されるものの、皮膚が熱くなっているのを感じました。
(だから冷房が強いのかもしれないけどそれでも寒い!)

痛みで言えば、脇のほうが辛かったかな……。でももう忘れてる(笑)

脇の照射をした時に焦げたにおいがしたのが私には面白かったです。



 脱毛のその後 

施術後24時間はお風呂に入らないように注意がありました。
水のみならOKということでしたが、熱いお湯やボディーソープなどは刺激になってしまうようです。

直後と次の日は、左の二の腕部分に強い日焼けのようなひりひり感がありました。
3日間ほど全身の乾燥とそれに伴うかゆみが強くありましたが、クリニックからもらった保湿剤をまんべんなく塗りたくり乗り越えました。
日中かゆくなった時も、(在宅勤務になったので)すぐに保湿剤を塗り、できるだけかかないように耐えていました。

4日経過後は乾燥を感じなくなり、かゆみも収まったように思います。ちょうど保湿剤もこの頃になくなりました。

まだ10日も経っていないのでわかりませんが、伸びた毛が自然に抜けるそうなので楽しみです。



気になったのが次回予約のスケジュール。

現時点では1ヶ月後に予約をしています。

日本のレーザー脱毛情報を見ると毛周期にあわせて2~3ヶ月に1回の模様。

1ヶ月ごとにレーザー脱毛をしていくのは日本人の毛周期の点から早いのでは?6回プランなので、6ヶ月後にコース完了しても照射できていない部分が残るのでは?と疑問を感じているので、毛が生えるペースを見ながら調整していけたらと思っています。



 行ったのはここ 

Kaya Skin Clinic (DLF Galleria, Gurugram)

laserhairremoval3



↑このページのトップヘ