パンゴンツォへの道のり

インドのパンゴン湖に行きたい。 インドのグルガオンで働いています。

dearzindagi


Netflixでインド映画『Dear Zindagi』を観ました。

少し前に、Twitterで『Dear Zindagi』に関するツイートが流れていたので気になっていました。

日本語字幕は無かったので、英語字幕で。

Alia BhattがKairaという名の主人公。何かに悶々としていて苛立ちやすく、すごく早口でしゃべる。
Shah Rukh Khanは助演。名前はJug。精神科医役で、Alia演じるKairaが通うことになる。

Zindagiの意味はLife。タイトルは知っていたものの予備知識なしで観た。

私、Alia Bhattの顔がどうしても好きになれなくて、見るたびにイラっとしてしまうんだけど、
Kairaの役は、初っ端からそれに拍車をかけるかのようにイライラさせられた。
話すのがすごく早い(気がする)し、あたりが強い。
周りの友人たちはよく一緒にいられるな~って思っていた。

そしてShah Rukh Khanはいつ出てくるの~?と待つこと20分以上。一緒に観ていた恋人は、最初に流れた声だけでShah Rukh Khanだと気づいていた。すごい。

Aliaの顔は好きになれなくても、演技は本当に凄いなと、毎回感動している。
今回もそうで、Kairaの心の変化が私にも伝わってきたし、そして私の心が浄化された。

Shah Rukh Khanはというと、これまで、バーン!ジャーン!ドッカーン!って感じの、歌にダンスに何でもござれの主役の演技ばかり観ていたから、今回のしっとりした役が新鮮だった。とても馴染んでいた。

そういえば、監督は、『English Vinglish』(邦題:マダム・イン・ニューヨーク)のGauri Shindeでした。それを知って、映画を観た後のスッキリ感について納得してしまった。

私の琴線に触れた部分はというと、Kairaのイライラの根本の理由。
最初はいらいらしながら観ていたのに、途中から、「Kairaは私だ……。」と反省の気持ちを込めて観ることになったから。

そして、Kairaに対するJugのカウンセリングも心に響いてきてしまったのです……。
Shah Rukh Khanの深い味わいがここに……。
「これからの人生にHiと言おう」「特別な関係はひとつだけじゃない」あたりの話が好きです。

プチ情報としては、劇中のバンドボーカルRumi役のAli Zafarは実際に俳優であり歌手であるので、劇中歌も本人が歌っていると。有名なパキスタン人俳優だそうです。(恋人からの情報……。メモメモ)

観た後に心の靄が晴れる映画でした。もう一回観たいな~。

私の大好きな映画音楽「Kabutar Ja Ja」。



サルマン・カーンとバグヤシュリーの映画『Maine Pyar Kiya』に出てきます。

薄々気づいてはいたのですが、この曲、いろんな映画の中に使われている。
まあ、それだけヒットして、それだけインドの人たちの思い出の中にこの曲があるということなのでしょう。

ということで、現時点で私が知っている映画をまとめたいなと。
本当はもっとあるかもしれないので、そのうち追記するかも。。。



〇きっと、うまくいく(原題 3 Idiots)

映画後半、3人がウイルス校長の家に忍び込み、ファルハーンとラージューが酔った勢いからか「ピーメール」と叫びながら家に向かって放尿します。
その時にラージューが「Kabutar ja ja ja」と歌っています。

ちなみに、私はこのシーンで初めてこの曲を知りました。




〇インド・オブ・ザ・デッド(原題 Go Goa Gone)

冒頭の音楽シーンでKabutar ja ja jaという歌詞が出てきます。



〇Hum Aapke Hain Koun...! (邦題がわからない……。)

「Joote Do Paise Lo」という曲があるのですが、この曲のメロディーが「Kabutar ja ja ja」から取られています。



というのも、この映画の監督Sooraj Barjatyaは、「Kabutar Ja Ja」の映画『Maine Pyar Kiya』の監督でもあります。

アリなんだ?という感じですが、アリなんでしょうね……。




やっぱり知っているとインド映画がもっと楽しくなるな~ってうんですよね。

現地の人なみに理解するのは難しいでしょうが、もっと知って楽しみたいという欲求は増すばかりです。。。

3idiots


私は、『きっと、うまくいく』を観てインド映画に傾倒しました。
このブログのタイトルであり、書く目的にもなっているパンゴンツォ(パンゴン湖)は、この映画のラストシーンに出てきます。

おそらく100回は観ている。。。

繰り返し繰り返し観ていく中でやっと気づいた面白さがあったので、紹介したくなりました。

インドの人にとっては常識かもしれないけれど、あまり身近でない日本人は気づけないあれこれを解説!

この解説を読んだ後、あなたはきっと観たくなる!

※要注意※
ネタバレです。
この記事は、一度映画を観たことある方に向けた内容です。

Timeは映画上でいつ時点かを表しています。



ワサント地区とは?

Time 00:03:50

冒頭のシーンで、ファルハーンがラージューを迎えに行く時に運転手に「ワサント地区へ」と頼んでいます。

このワサント地区はVasant Vihar(バサントビハール)のことで、デリー南部の高級住宅街を指しています。
官公庁や大使館などに近く、大きな邸宅が並ぶエリアもあります。家賃も高いです。

日本で言う、西麻布や六本木に近いイメージでしょうか。

奥さんがいて、大きな邸宅に住んでいるので映像からもわかりますが、極貧として描かれているラージューのその後を最初に紹介していたんですね。

インドはカースト制度があった影響か、居住エリアがあらかた分けられてしまうようですが、ITは新分野のためその枠に含まれずのし上がることもできるので、人気の職業なのです。
(その分競争が激しいことは映画からも読み取れます。)



入寮時の後輩しごき

Time 00:13:20

入寮の日、主役3人を含めた1年生は先輩からしごきを受けています。

これをインドでは「ラギング」と言います。

『きっと、うまくいく』では入寮時以外にこの場面は見られませんが、入学時だけの場合もあれば、1ヶ月、あるいはずっと続くような学校もあるそうです。

インドではラギングによって命を落とした人がいたり、日本にも同様の例はあるので、私としては何回見てもポジティブにはなれないシーンですが、このシーンの行為自体は映画の中でたびたび印象的に使われていますね。



チャトルのスピーチ後に投げているハンカチ

Time 1:03:50

チャトルのスピーチ内容に関しては、専門の方が詳しくかつ冷静に解説されていらっしゃるのでここでは割愛します。

チャトルのスピーチ後に、ハンカチ投げているシーンがあるんですけど、あれって何なのか教えてほしい……。ブーイングの意味があるのか?



ランチョー家の白装束の人々

Time 1:26:00

シムラーに着いてランチョー家の敷地内に入った時に、庭に白装束の人がたくさんいるシーンがあります。

家の中に入って「葬式だ」という説明があり、私はここで初めて「葬式?誰の?」とドキッとしました。

日本では現在、喪服は黒のイメージが強いと思いますが、インドのヒンドゥー教においては喪服は白なんです。

だから、このシーンでは庭の白装束の人たちを見た時点で「えっお葬式?誰の?ランチョー?」と焦るんですよね。

喪服を知っているかどうかで、感情の揺れるタイミングが少し変わるんですね。



恥カキクケコの意味

Time 1:36:14

ランチョーの正体がわかった後、車の中で、チャトルが、学校で先生をやっているらしいランチョーを馬鹿にするシーンがあります。

日本語の字幕では

(引用)
チャトル  「あいつはアイウエオの先生か」
ラージュー 「恥カキクケコめ」

実際には英語で

チャトル  「A for Apple, B for Ball」
ラージュー 「D for Donkey」

と言っています。

アルファベットを覚える時に、「A for Apple, B for Ball」と歌いながら覚えるようですが、その際、DはDogやDallとするのが一般的だそう。

Donkeyはロバという意味ですが、ここでは馬鹿や愚か者、まぬけ、と言う意味の使い方をしています。

ランチョーを蔑む(学校の先生を蔑む)チャトルを皮肉って、D for Donkeyと言っているのですね。

これを「恥カキクケコ」と訳したのはうまいなあと思いました。

私は英語のアルファベットをこういった形で習ったことが無かったので、このジョークは英語が共通言語の国だけあるなあとも感じました。



ピーメールの時に歌う歌

Time 1:46:45

3人が酔っ払って校長の家に忍び込んだ際、ラージューとファルハーンが玄関で「ピーメール」と叫びながら放尿します。

(pee=おしっこ)

そこから逃げる際に酔ったラージューがやたらとジャ、ジャ、ジャと言っているのですが、これ、実はとても有名なインド映画の歌です。

それがこれ「Kabutar Ja Ja Ja」



和訳すると「鳩さん 行って、行って、行って」
内容は、恋しい人に伝書鳩が手紙(mail)を届けるというもの。
(この鳩が飛ばずに車に乗って移動したりして可愛いのでぜひ観てほしい。)

ピーメールと曲の内容を掛けている、インド地域の人かインド映画LOVEの人にしかわからない小ネタです。

『インド・オブ・ザ・デッド』というインドのゾンビ映画でもオマージュされています。

この曲を知ってほしいがためにこのブログを書いたようなもの……。(笑)



ラージュー自殺前のオペラソング

Time 1:51:15

何回も観ていると、このオペラソングなんだろう?と気になります。

この映画では、2回オペラが流れるシーンがあるんですが(つまり髭を剃るシーンが2回以上ある)、最初にウイルス校長を紹介するシーンで流れるオペラは、プッチーニ作『Tosca』の「星は光りぬ」。

ラージュー自殺前の印象的なオペラソングは、こちらもプッチーニ作『蝶々夫人』の「ある晴れた日に」です。

ファルハーンとラージューの進路が決まった故にウイルス校長の髭が剃られるシーンも「ある晴れた日に」です。

まあ、特に歌詞が関連するわけではないだろうと思ってます。
というか、いつも同じレコードかけてる?プッチーニシリーズなんだろうか。(果てしなくどうでもいい情報だけど…。)



ラージューの意識回復後にランチョーが配っている食べ物

Time 1:57:20

あれはラドゥーという、インドのお菓子です。
結婚式など、おめでたい時に食べる甘いお菓子なんです。
なので、ラージューが意識を取り戻したお祝いにランチョーが院内の人に配っています。
それを知るともっと泣けてしまう……。

『マダム イン ニューヨーク』という映画では、主人公の得意料理がラドゥーということでたくさん描写があるので気になる方は観てみてください。



結婚式の控室でピアとスハースが食べているお菓子

Time 2:14:40

これは「ドークラー(Dhokla)」という有名なお菓子で、ランチョーの出身地に近いグジャラート州のもの。

ピアが酔っ払ってランチョーたちの部屋に入ってきた時にも食べてましたね。

結婚式の日に元カレ(?)の地元のお菓子食べてるなんて、そりゃ未練あるだろうなあ。

まあスハースの部屋にも置いてあるし、主食にもおやつにもなるメジャーな食べ物なんですが。



チャトルの着信音

Time 2:46:46

ラストシーンでランチョーがチャトルに電話をかけると、チャトルの携帯電話からインドらしい着信音が流れます。

これはAirtelという、インド地域の携帯会社の初期設定時のコール音なんです。iPhoneのコール音みたいなものですね。
特に有名な曲を使っているわけではありませんでした。
ちなみにこの映画の公開が2009年、撮影はもっと前、ということでチャトルのバージョンは少し古いです。
ちなみにランチョーたちがPCで通話する時もAirtelを使ってますね。(他のインド映画でもこの音なので気になって……。)




以上です。

日本の映画が日本で育った人にしかわからない面白さがあるように、インドの映画もインドの人にしかわからない面白さがあるんだなあって、インド映画を観るたびに感じます。

でもそのわからない部分をそのままにしても、それを超える普遍的な感動があるんですよね。

つまり す・き!

はー、早く夏にならないかな、パンゴン湖に早く行きたいなという思いでいっぱいです。

↑このページのトップヘ