こんばんは。

最近のインドは、コロナ対策の自宅隔離や外出禁止、ロックダウンで混乱と動揺が激しくなっています。

とは言え、物の買い占めが起きているとか暴動が起きているとかそういうことは今のところありません。

メンタル弱子なので、 私自身の内面の変化や、私の住むグルガオンの状況の変化を残していけたらいいなと思っています。



そもそも「いよいよこれはやばいぞ」となり始めた発端は、3/19(木)夜20時に行われたモディ首相の演説でした。

その際に、3/22(日)の7時から21時までは外出をするなという外出禁止要請がでました。(Janta Curfew)

それ以前から、飛行機の運航停止や、飲食店の店内提供の停止などは順次進められていたものの、この時に各個人に対してインド全土での外出禁止が要請されました。

そしてその後も数週間の外出を控えるような話がありました。

その後、金曜、土曜と時間があったはずですが、私は張り切って買い出しすることもせず……。



3/20(金)

仕事の後に、結果として最後の晩餐となったディナーを楽しんでいました。

レストランはその区画でその1店舗しか開いておらず、当初のお客さんも私たちだけという状況でした。

その後ちらほらお客さんは来ていましたが、22時頃に警察が来て、営業を終了しろと言われたということで、ちょうど会計をしていた私たちもそそくさと出て行きました。



3/21(土)

オフィスで仕事をして、終業後にちょろっと買い物に行ったくらいで、数週間分の食料を調達しなければなんて微塵も考えていませんでした。



3/22(日)

外出禁止要請の日。

この日は当然朝から晩まで一日中部屋から出ないで過ごしていましたが、いったい何をしてたんだか。スマホゲームかな?

モディ首相の演説時に、この日の17時から5分間、医療従事者やインフラ整備、デリバリーや食に関わる仕事などをしてくれている方々に対して、感謝の気持ちをこめて、鐘を鳴らしたり拍手をしたりすることが促されていました。

私も参加しましたが、いかんせん静かな住宅街なので、SNSで回ってくるほどの迫力はなく……。

それでも、近くのコンドミニアムから聞こえてくる音とともに、密かに拍手を送りました。



そしてその後、何も考えていなかった私に衝撃が走りました。(笑)

デリー準州、及び、私の住むグルガオンのあるハリヤナ州において、3/23(月)から3/31(火)まで、以下の措置を取るという発表がなされたんです。

・公共交通機関及びタクシー等の民間交通機関の停止
 (社会的に不可欠な仕事の人は利用可)
・店舗、商業施設、工場、事業所の操業停止
・州境の閉鎖
・国内線を含むデリーへの航空便の停止
(この時は国内線は動いている云々の情報もあり追加情報待ちだった)
・建設工事の停止

などなど。

全業種は載せられないですが、例外として、

警察や医療関係、インフラ、行政サービス、銀行の窓口業務、通信、食料品、生乳、レストランの持ち帰り・宅配、薬局、ガソリンスタンド、動物飼料、これらに関する製造・流通業

これらは平常通り機能するということになりました。

それから、グルガオンにも一部伸びているデリーメトロの運航停止も同期間で実施すると発表されました。

3/22(日)で終わるとは思っていなかったものの、ここまでかと、何も準備していないあほーな私は少しドキドキしていました。
生きていけるのか……?



3/23(月)

元々、先週末の時点で月曜日と火曜日は在宅勤務ということが決まっていました。

そのため、PCを立ち上げて通常通り9時30分に仕事を開始。WhatsAppのビデオ通話で朝礼。

通常であれば18時までの業務ですが、家にこもりきりでこの状況ということを考慮してか、17時に夕礼をして終了しています。

現在も同じ方法で仕事をしています。


この日は、食料調達をしていなかった不安があり、18時頃から、近くのマーケットまで歩いて行ってみました。

タクシーやオートリキシャーが走っておらず、走っているのは基本的に自家用車のみのため、人もクラクションの音も通常よりは格段に減っていました。

薬局が開いていたので、お腹を1週間くだしていた私は追加の経口補水液を購入。

ほとんんどの薬局は中に入ることができず、入口で希望を伝えて、購入・受け渡しという流れでした。

その後、Samratというちょっとしたグローサリーストアに行くと、入口で手指のアルコール消毒の後に、簡易手袋とマスクをつけることを義務付けていました。

それぞれ10ルピー。

マスクをつけ忘れて外に出ていた私は無駄な出費をすることに……。

今後外出する時はマスクは必須ですね。

食材や物品はまだ残っていて、買い占められているようなものはなさそうでした。

私は牛乳を一切飲まないので気にしなかったんですが、この時、新鮮な牛乳は売り切れていたそうです。

他に、Lay’sというポテトチップスの塩味が売り切れに近い状態でした。

私がレジにいた際に、後ろの男性が「これはどのコーナーに売っているのか」と聞いてきた場面もありました。

外出ができず家にこもるとなると、今まで以上に映画を観たり娯楽を楽しむようになりますよね。

そんな時のお供が欲しい気持ちはよーくわかります。

その後は、ローカルな八百屋さんで買い物。

行きつけの八百屋さんは野菜が半分くらいしかなく、売り切れている物も多々ありました。

ニンジンを探し求めて他の八百屋さんに行ったら、小さいのがいくつかあるだけという状況でした。

それでも、食べ物が何もないということはありませんでした。

買いたい物が無くなっている、というくらいですかね。

このまま物流が止まらなければ大丈夫だろうと思いました。



3/24(火)

在宅勤務2日目。

正確に言えば、私は日本から帰国後に3日間在宅勤務をしているので、在宅勤務の心得は少し学んでいたものの、まあー集中できませんでした。

ロックダウンが日々の仕事のサービス提供にも影響するので勝手に気を揉んでいましたし、自分自身のこれからの食事面での生活の不安というものを感じていました。


そしてこの日の夜20時に、再度モディ首相の演説があるということで緊張が走りました。

今度はいったいなんなんだと。

結果、内容はこうでした。

・3/24の24時からインド全土でロックダウン
 (演説の4時間後!)
・その期間は21日間となる
・Koi Road pe Na nikle というあいうえお作文のような標語を披露

 モディ首相、「インド全土でロックダウン」と言った時に、物凄くためて言ったんですね。重ーい感じで。

「なんだなんだ、インターネットの停止か?」と思っていた私は少し拍子抜け。

だってデリー準州とハリヤナ州だけでなく、インドのほとんどの州がロックダウンしていたので。

でもその後にサラッと21日間と言ったのでもうほんとにそれはもう驚いた。

「えっサラッと言ったけど今21日って言った?!」

字幕の見間違いでなかったことが残念でなりません。

それから、コロナの標語を見た後に寝落ちしてしまい演説は全部聞けませんでしたが、起きてから情報を集めていくうちにどっと疲れてしまいました。

恋人とビデオ通話をしてお互いを励まし合い眠りに着きました。



3/25(水)

昨日の発表から一夜明けて今日でした。

夜は深く眠れず、朝6時30分に起きてしまいました。

悪夢も2つ見た気がするんですが、1つは、知らない家のピンポンが鳴ったので、玄関に行くもなぜか開けっ放しの内側の鍵を閉めようとするところで外側からガチャガチャ開けられそうになり、恋人だか誰かの助けを呼ぼうとしても声が出ない、という夢でした。恐怖。

そんな私の心情とは打って変わって、最近は毎日穏やかな天候です。

朝シャンをした後に空気の入れ替えを兼ねてベランダに出るドアを開けて過ごしています。

day1

たまに虫が入ってくるけど、虫除けのおかげかそのうちいなくなっています。

仕事しているとずっと座りっぱなしなので、意識的に水分を取って何度もトイレに立つようにしたり、1時間集中したらベッドで一休みするなどのリラックス方式を取っています。

インドの建築構造上、私の部屋のある1階は涼しくなりがちです。

今日の午後にベランダに出てみたら、外のほうが暖かく、ほど良い陽気で散歩をしたくなりました。

今が外出できるギリギリのちょうどいい季節なのにね。

ちなみに日中は気温が30℃になります。家ではノースリーブの服で過ごしています。

冷房は、来たる真夏日に備えて、ウォーミングアップのためにつけたりつけなかったりしています。

まだつけなくても過ごせる状況です。

今後壊れたりしても修理ができないのかなーなんて思うと怖いので考えないことにしましょう。

とりあえずもう今日は眠いので、また明日以降、自分の気持ちを綴っていけたらいいなと思います。

無理せず、ゆるゆる、でも強く生きていこう。