こんにちは。

3月の支出です!
まとめ始めてから1年が経ちました。
1年の振り返りは改めてするとして、3月がどうだったか見ていきましょう。


※家計簿の表示金額は全部ルピーです。


日別支出

march1



費目別支出

march2



3月の支出は60,774ルピー=約87,132円。
1月→2月→3月と少しずつ支出が減っていっています。

第1位は医療費!
これの85%は、薄毛のPRP治療の後半3回分の一括払いです。

第2位は外食。
知人との外食が含まれているので、一人ごはんの費用としては抑えられた感覚があります。

第3位は生活雑貨。
ロックダウン開始後に、スペンサーズでシャンプーやら雑巾やら買っていました。
どれだけ備蓄しておけばいいのかわからず、相当量のシャンプーとコンディショナーを購入しています(笑)

交際費は、お祭りや飲み会の参加費用で入力してます。

3月は、映画費は1本だけ。『1917』を映画館で観ました。
そういえば恋人と初めて会った日に『Baaghi 3』を観に行ってますが、結局これ以降映画館には行っていません。

3月22日(日)はJanta Curfewで外出禁止。
3月23日(月)からは厳しいロックダウンに入りました。
その割にはお金使ってるかもしれないけれど……(笑)


私の環境

・会社支給のお部屋に住んでいます。(自己負担ありですが給料天引きで税金等複雑なので支出の中に入れてません。)
→毎日朝食あり
→週6回ハウスキーピングあり
→ランドリーサービスあり(家賃込みのランドリーに出していますが、共用の洗濯機も使っているので洗剤代はかかります。)

・Wi-Fi契約料、ケーブルテレビ料金、水道光熱費の自己負担はありません。

・出退勤と仕事の移動は会社の車です。

・プライベートの移動はオートリキシャー、デリーメトロ、Uberです。

・プライベートの携帯電話はAirtel399ルピープランです。
 3月の支払いはいつも通りの471ルピーでした。

バレーボールについては、この時すでに新型コロナウイルスの影響が出始めていて、日本人学校がクローズすることになったり、練習が無くなったりしていました。


1月末頃から東アジア人差別はずっとあったものの、感染者はいなかったのでインド人の行動には変化はありませんでした。
しかしながら、3月に入ってからは実際に新型コロナウイルス陽性者も出てきていたので、感染を避けようとする動きに変わっていきましたね。
3月16日の週は、「Work From Homeにしよう」という意見が社内で飛び交っていたのを思い出します。
そこからの外出禁止、ロックダウン。
予断を許さない状況ですが、インドはコロナと付き合っていくしかなさそうです。