今週もゴルフの練習。

先週と同じくHamoniという練習場に。




今日もパッティングとアプローチに取り組みました。

golf0410-1

パッティングは5ヤードから約50本打って、3本入りました。

初回の練習では1本しか入らなかったので、それを思えば多少の成長はしているのだろうか。

アプローチは、飛ばそうと思ったのか横軸で振ってしまっていたようで、あらためて縦軸を意識。
捻転とは言うものの、捻ることを意識せず、身体がぶれないように打つことが今の私には大事なようです。

golf0410-2

自分の変な癖がつく前にコーチング受けてみようかな?なんて考えたり。

今日は右手に力を入れないように意識したので、右手のマメができずに終えられた。
前回は、足のかかとのほうが痛くなってしまったんだけど、今日は左足の母趾球あたりにちょっとしたマメができていた。
体重のかけ方は改善されているのかもしれない。
でも練習後はアキレス腱がとても痛い。姿勢は正しいのだろうか。



そうそう、練習場でしかパッティングの練習ができないのはなんだかな、と思って、お仕事が終わった後に、DECATHRONにパッティングマットを買いに行きました(笑)



質の良し悪しはまだよくわからないけれど、Amazonで出てくるものよりは安かった。
やってみて、練習が続けられるようになってから次を考えようと思います。

まずは続けること。



そして本の感想ですが、まず1冊読了。
夏坂健『王者のゴルフー知的シングルのすすめ』。




「自分に有利に振る舞ってはならない」

「いかなる事態に遭遇しようとも、あるがままの状態でプレーしなければならない」

「ゴルフは知識のゲーム」

「ゴルフとは、紳士と淑女によって行われるゲームである。ゆえにこのゲームには、審判が存在しないという誇りがある」

「300ヤードも1打、カップを1センチ外しても1打」

「ゴルフの難しさとは、地べたに置かれたボールを前にして、いかにして打つかについて考える時間があまりに多すぎることに原因がある」

これらは本の中で引用されている先人の言葉。
ルールを覚えるよりはマインドを自分の中に取り込む気持ちで読みました。

個人的には、「第2章 ゴルフの精神」の「⑧ゴルフ上達の秘訣、教えます」が好きでした。
パッティング頑張ろう……!(笑)