2022年12冊目、堀江貴文著『多動力』を読んだ。

tadouryoku

2017年頃に話題になっていた本ですね。
会社の建物の本棚に置いてあったため、借りて読んでみました。
1時間もかからずに読めると思います。

著者は(最近は?)自分で本を書いていないことを公言しているため、著者に関するウェブ記事などをよく読んでいる人にとっては、目新しい意見ではないように感じました。

ただ、実際に行動している人の思考なので、私も自分の頭の中を整理して前進していかなければいけないなと思ったりしました。

ということで、覚えておきたい部分を引用。

・あなたの肩書きを紙に書き出してみよう。
・欲しい肩書を理想で良いから書いてみよう。
・では、その肩書を手に入れるにはどうしたらいいか。1万時間を捻出するための計画を具体的に立ててみよう。
いつかブログにも書いてみようかと思ってはいますが、副業をしていて、それを本業に変える意欲や行動力、継続力が私にあるか?と自問自答する日々です。
ちなみにブログは趣味でお金にはなっていません。

・準備にかける時間は無駄である。見切り発車でいい。すぐに始めてしまって、走りながら考えよう。
・一番わかりやすいのは、あなたが会議でした発言が一人歩きして、多くの人間を動かしているか?と考えることだ。
・あなたの発言やアイデアに、あなたが知らない人までもが熱狂し、働く。そういう仕事をするように意識しよう。
これもいずれブログに書きたいと思いますが、ニーチェの「始原の運動であるか?」ということを意識して生きています。
最近は疲れを言い訳にして非常に弱気になっているような気がしますが、こういうエネルギーのある仕事の仕方を心掛けたいですね。

・本音で生きればストレスは溜まらない。言いたいことを言って、食べたいものを食べて、寝たいだけ寝よう。
・リーダーは馬鹿でいい。いや、バカだからこそ、リスクを考えずに手を挙げられる。あなたが手を挙げれば、小利口な人間が必ず手助けしてくれる。勇気を出して、手を挙げるバカになろう。
大学時代の教職ゼミで教授から言われてから意識しているのが、「ファーストペンギンになろう」ということです。
天敵がいるかもしれない海に、餌を求めて最初に飛び込んでいくペンギンのことを指しています。
「我々はあまり頭が切れるタイプの人が入る大学ではないため(日本人的な控えめな発言と受け取ってほしい)、まず行動する人間になったほうが良い」ということ。
面倒かもしれないことやできるかわからないことでも、とりあえず引き受けてやってみるようにしています。

・予定表を広げてみよう。どうなるか予想もつかない予定はいくつあるか。
・先週も先々週も同じような予定を過ごしてはいないだろうか?
・未体験の予定をつめこんで、見たことのない景色を見よう。
ルーティーンを作ったほうが良いかなと思っていました。
ストレスを減らすためにルーティーンもあったほうがもちろん良いと思いますが、イレギュラーな未体験の予定を意識して立てていきたいですね。



多動力 (幻冬舎文庫)
堀江貴文
幻冬舎
2019-04-10