パンゴンツォへの道のり

インドのパンゴン湖に行きたい。 インドのグルガオンで働いています。

カテゴリ:

映画『ライフ・オブ・パイ』を観ました。
インドの俳優イルファン・カーンが出ており、彼の演技を見たくなってU-NEXTでレンタル購入。

いやはや、参った……。
予備知識を全く入れず、虎と少年が共に旅をして最終的に心を通わせるありがちな冒険譚かと思っていたら全く違う話でした。

最終的にめりめりのめり込んで観てしまいました。

私の琴線に触れたのが何なのか知りたくて、原作を読み映画を何度も観ました。

種明かしをしているつもりはないのですが、物語の内容を書いてはいるので、できれば原作や映画に触れた後に読んでほしいです。


ストーリー

インドで動物園を営む家族がカナダに移住のため船で動物と共に移動していたところ、その船が沈没。
救命ボートに一人残された少年だったが、そこにはベンガルトラも乗っていた……。



まずは映画について

lifeofpi

タイトル『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
公開:2013年1月24日 (日本)
監督:アン・リー
俳優:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、タッブー、レイフ・スポール

観終えてすぐは意味がわからず、少し考えてから今まで観ていたものが繋がって、ゾッと怖い気持ちになりました。

まとめて言うと、「信仰と少年の成長の物語」。

主人公・パイの感じる恐怖はどれほどのものだったかと。
自分でも抑えられない荒ぶる感情、信仰を追いやってしまうほどの食べることへの欲求、着く先も着くのかさえもわからない海の上での不安。
それらと上手く付き合う方法があれだったのか、と崩れ落ちるような気持ちになりました。

いろいろな宗教に興味を持ち実践しようとするパイは、父親に「それは何も信仰していないのと同じだ」と指摘される。
旅を経て、いくつもの宗教への信仰が変化したわけではないようだけれど、自分を見つめ、克己心を養いながらも、現実と理想との間の苦しく辛い葛藤があり、神の存在とは何かといった数々の難題に立ち向かったんだろうなあ。


◆アカデミー賞4部門受賞の映像美

原作を読んで益々感じたことですが、映像表現が巧み。

オープニングから、何かわからないけれど大事なことが始まった……と引き込まれるほどに輝きを放つ命。
映画『オーシャンズ』を見ているかのような生き物たちの美しさと躍動感に加えて、その神秘性。
CGが、他作品と比較して精緻でリアルかつ目新しいというわけではないものの、やっぱり神秘性の表現には脱帽。一見の価値あり。

荒れ狂う嵐の海とそれに立ち向かおうとするパイの狂気、怯える虎のシーンは忘れられず、高い波を見る度にパイのことを思い出してしまいます。
このシーンで「なんだか凄い映画を観てしまった」と思いましたが、その感想が覆ることはなかったです。


それから原作について

lifeofpibook

名:パイの物語 (Life of Pi)
著:ヤン・マーテル
訳:唐沢則幸

どこの書店に行っても在庫がなく、竹書房のサイトで検索しても出てこなかったので疑問に思っていたのですが、どうやら絶版になっているようです。
(どこかの書店で検索した時に【絶】って書いてあった。)

BOOK・OFFに行ったら『パイの物語 下』だけあったので即購入しました。
結局、20店ほど書店をまわったのですが見つからなかったので『パイの物語 上』はAmazonでポチリ。本体1円でした。


◆内容

『パイの物語』は三部構成の100章で書かれています。
100章で終えることに意味を持たせています。


◆パイの飢え

食べること、食べ物がいつかなくなってしまうことへの不安、飢餓への恐怖というものを感じさせられ、心が痛みました。とても辛い。
映画では、パイが肉を口にせざるを得ないことや本人の痩せていく外側から見えるその過程によってそれを感じるけれど、本ではパイの節々の行動によってそれが表されています。

例えば、大人のパイの家で天井まで届くほどに積まれたキッチン棚の食材(缶詰)や、舟に留まった鳥を疑い無く食料として見るところ、助かった後も日本人調査員のくれる食べ物を催促したり溜め込んだりするところ。

鳥を迷いなく殺したところで、やっと、パイがどれほど飢えてどれほど辛いかに気付かされました。


◆パイという呼び名

本名で馬鹿にされないよう円周率のパイに繋げた、本人がつけた呼び名です。
円周率というのは数字がどこまでも続いていく終わりのないものです。
パイのこの人生、この漂流の時間が永遠に続いていくような、そんな絶望も感じさせる呼び名です。

その一方で、無秩序を嫌い形式を重んじるパイにとっては、ぴったり100章で終えることでなにか意味のある形をこのお話に与えたかったようです。


◆信仰について

パイは、ヒンドゥー、キリスト教、イスラームを信仰するようになります。
信仰するに至るまでがなかなかに興味深く、その後漂流の最中もそれら全ての信仰心や考え方が出てきました。
「宗教」よりも「信仰」に関心がある私としては、パイの信仰についての心理は理解できるものがありました。
これを書いた作者の軌跡と、パイの心の動きに興味が湧きました。


◆パイの涙

大人のパイが漂流の最後を振り返り、(映画で)涙を流すシーンがありました。
映画を観ている時は涙を流すほどのことなのか…と驚き、あまり感情移入はしなかったのですが、本を読んだ時には同じシーンで私もいつの間にか泣いていました。

私はこの部分がとても印象的だったしパイの旅路の象徴として好きなシーンでもあります。




まああとは、絶版なので言ってもしょうがないかもしれませんが、誤植が目立ったかな。

今回は、映画を観てからの原作だったので、どちらの評価も高いままで個人的には良い順番でした。
たいてい、原作読んでから映画を観に行くとガッカリしてしまうので…。

いろいろ書いてはみたものの、本当は、誰も、この物語を語れません。

観た人に委ねられる物語。ぜひぜひご自身の目で感じてみてほしいです。


八日目の蝉、ずっと気になっていたものの映画を見たことがありませんでした。

宅建の試験が終わって、読みたい本読むぞー!と意気込んで、まず八日目の蝉を買って読みました。


本の感想

youkamenosemi2

本屋で最初の部分を読んで、引き込まれたんですよね。
お、いいな、買おう、と思いました。

私は角田光代さんの作品を読むのが初めてで、文体とか大丈夫だろうか、慣れるだろうか、と不安に思っていたのですが、文章は読みやすく、風景の描写が好きでした。どんどんページを読み進めたくなりました。

大きく「母性」がテーマと言われていますが、「母性」か……。

どうしても、不倫は駄目だけれど、子どもを奪い去るなんてそのほうがよっぽどだめでしょうという思いを拭いきれなかった。

モチーフとなった日野OL殺人事件の被疑者に対する同情は無きにしもあらず。作者はそこに気持ちが寄ってるんだろうなと思いました。

だけれど、いや、罪犯しといて何言ってるんだ、という気持ちがどうしても湧いてきてしまった。

登場人物の印象も薄いし、あまり愛着を持てる話ではなかった。希和子が逃げ続けるがゆえの、登場人物の深みの無さを表してるのかと思ったんですが、考えすぎでしょうか。

母親だなあと思ったのは、やっぱり逮捕時の希和子の言葉ですね。あれだけは、グッとくるものがありました。

自分の子ではないけれど愛を注ぐ犯人と、自分の子だけれどうまく愛を伝えられない母親のような対立だとどこかで見たけれど、ちょっと待てと。誰のせいだよ、と。
それにあまり希和子が愛を注いでいるような感じも無かったように思う。ただ逃げることに必死なだけで、薫への愛とかどこ?って感じでした。
母親だって、幼少期の大事な時間を全部盗まれて、娘を見るたびに犯人を思い出し辛くなってしまうのは察するにあまりある。精神的に不安定だとしても、しょうがないでしょう。母親のせいではないでしょう。

薫が途中で気づく、全部あの人が悪いということ。そこのシーンで私も希和子の罪の重さをずっしりと感じて、皆でもっと責め立てていいと思うけど……という気持ちになりました。薫は、小さい頃の記憶や情がどうしてもあるからね。でも、許さなくていいと思うんですけどね。なんで許さなきゃいけないかな?許すような方向に持っていくかな?許さなくて良くない?恨んでいいよ、と思いました。

「母性」という単語だけだとどうしても「母性があること」を考えてしまうけれど、この話では「母性がないこと」も描かれているので、テーマとしては間違っていない。
けれど何か釈然としないのは
・都合が良い
・希和子の甘さ
・人物描写の薄さ
があるのかなあ。
期待値が高かった分、その下がりようで私の中の評価が余計に低くなっているだけがも知れません。

私がまだ自分に子どもがいないから、感じ取れる部分が少ないのかな、なんていう未来にこれを再読する時の期待もあります。
(でも、自分とは違う立場の人に自分を移し替えることができるのが小説では…?)


映画の感想

youkamenosemi

これは私の反省なんですけど、原作を読んだ直後に映画を見るべきではなかったです。
毎回反省なんですよね……。映画の後に原作を読むほうが、どちらの印象も良い。
やっぱり映画だと時間が限られてて、全部を採用することは出来ないんだけど、そこにちょっとがっかりしてしまうんですよね。反省。

映像の撮り方がいいな、と思いました。1シーンが長い。生活が続いていく感じがする。
その中でも、小池栄子のキョドり具合や猫背が本当に良かった。原作の千草のイメージとは全然違ったけれど、とても良かった。
そして最後にちらっと出てくる吉田羊。ほんとに端役だったので、こういうふうに下積みがあるんだなあとそちらに感心してしまった。

偶然なのかはわからないけれど、薫が坂道を自転車で下る時に足を開いてヒューと下りていくんですね。希和子も自転車で坂道を下る時に足を開いて下りていたので、一緒なんだなあと思いました。(これは、私が怖くてできないので印象に残っているだけですが。)

それと、音楽が結構良かったですね。

John MayerのDaughters、好きになりました。


あともう1曲、Beach HouseのZebra。


良い。


それくらい……。
原作を知らずにこの映画を観ていたらどう感じたんだろうと思います。
希和子の薫への愛を感じるシーンがより減っているので、なんともなあと……。



結局これだけ書いてるので、ポジティブな感想は言えなくとも、何かしら私に響くものがあったんだろうと思います。大きくは期待値とのギャップですが……。

ふと『塩狩峠』を思い出しまして、人物描写やストーリーに関してあれくらいの内容があっても良いと思っています。

余談として、角田光代さんのインタビューで、最近の本がチープ化しているみたいなことを話していたけれど、それ作家が言う?!と驚きました。自分の作品の意図を読み取れない人がいることを嘆いているように感じました。いや、感想って色々あっていいじゃない、100%人に伝わることなんか無いんだから、なぜそれを期待する……とがっかりしてしまいました。
読者に対するスタンスとしては羽田圭介さんが好きです。

あんまりおすすめしないですが、本好きな友人と語るにはとても熱を込められる作品だと思います。
私も湧いた疑問を友人に色々話したいです。


↑このページのトップヘ