パンゴンツォへの道のり

インドのパンゴン湖に行きたい。 インドのグルガオンで働いています。

カテゴリ: 旅行


ゴア旅行3日目です。

この日はもう帰るだけなので、何もせず過ごしました。

朝、端から端まで歩いてみようかな~と思ったものの、ホテルから端まで行って疲れたのですぐに部屋に戻りました。

goa3-1

goa3-2


私が選んで夫が買ってくれたものの、北インドの夏が終わり着れずにいたチカンカリ(チカン刺繍)のサリーを着てみました。

goa3-3

パリッとしたサリーだと着付けにまだ時間がかかりますが、このサリーはサラッと10分ほどで着付けができるように。

朝食は、一番豪華なプレートを頼んでみました。
チーズが乗っているコロッケみたいな食べ物が美味しかったです!

goa3-4

ランチにはエビをオーダー。
殻付きだと、より美味しそうに見えますね。

goa3-5

ゴアは、温暖な気候からかフルーツジュースも充実していて美味しいのでぜひ試してみてください。

goa3-6

ちなみに、ゴアの空港にあるショップで売られていたこのマサラカシューナッツ、予想を裏切りとんでもなく美味しかったので、ゴアに行った際にはぜひ買ってください!オススメ!

goa3-7

でも、これRs.650もするの?!(笑)美味しいけど!



さて、ここで、ゴアの印象をまとめておきたいと思います。


・歴史的には長崎、雰囲気はド派手な宮崎

私は熊本に住んでいたことがあり、長崎も宮崎も複数回行ったことがあります。(あるはず)
そのため、イエズス会が宣教活動に来ていたことと歴史的建造物が残っていること、現在も教会がたくさんあること、クリスチャンの割合も高いことなどから、歴史の上では長崎っぽいなあと感じました。
土地や街全体の雰囲気は、宮崎っぽい。植生やビーチの様子からそう感じました。


・ポルトガルVSインド

ゴア内を移動していると、ポルトガル風(?)というか洋風の建物を何度も見かけました。
あまりにもボロボロになっていたり、完全に閉鎖されて現在は使われていないような建物もちらほら。
長崎にあるグラバー園のように、もしくは神戸にある北野異人館街のように、建物や街並みを整備して観光利用したりしないのだろうかと思っていました。
なぜ無いのか調べてみたところ、ゴアがインドによって接収された時に、インドとポルトガルの間で和やかに話し合い返還したのではなく、ポルトガルは自衛、インドは総攻撃を行ったそう。
その際に、ゴアにあった多くの文化財が破壊されてしまったとのこと。
征服した側の遺構なんぞ何の価値もないというのも、征服された側からすれば当然の見方かもしれません。
私が安直だったなーと反省する点もありました。
まあ、インド政府が、歴史・文化に対する保護や金銭的サポートが薄いというのも理由のひとつではあると思いますが。


・日本人には嬉しい食環境

私は食べなかったものの、魚なども豊富にあり、新鮮な海産物を楽しめる場所です。
また、他の州に比べると酒類が安いというのも確かにメリットではあると思います。
ただ、海産物は生で食べられるわけではないことと、調理方法が異なる(日本食ではない)ので、毎日食べるようなものでもないかな……。


・冬(乾季)の今がシーズンで、夏(雨季)はオフシーズン。

これは興味深い違いでした。
夏の暑い時期が海のシーズンだと思いがちですが、ゴアというかインド亜大陸では少し事情が異なります。
おおむね3月から気温が上がり、4月~6月は40℃を超えるような真夏、ゴアの地域は7月~9月は激しい雨に見舞われます。モンスーンです。
そのため、10月~2月頃が観光のハイシーズン。
インドにもリゾートバイトのような働き方があり、そういったハイシーズンの時にゴアに来て、それ以外は地元や都市部で稼ぐといった働き方があります。
インドでは、日本でいうアルバイトのような形態は珍しいため、リゾバと形容してもフルタイムの仕事ですが。


・インド南西部なのに、ヒンディー語圏(英語も)

インドは広く、28の州と8つの連邦直轄領があり、22言語が公用語として使用されているも、実際には400以上の言語が使用されていると言われています。
ヒンディー語圏とされているのは北インドですが、そこから飛行機で2時間半も離れたゴアにおいても、当然かのようにヒンディー語が通じました。
店員さんが観光客と会話できるのはわかるのですが、街中の案内看板などもヒンディー語が併記してあることに驚きました。
ポルトガル領だったため、ポルトガル語が残っているならわかる気がします。
欧米系の観光客が多いので、英語の表記もなんとなく理解できます。
しかしここでヒンディー語なんだ、という気付きがありました。
やはり冬がある北インドのヒンディー語圏からやってくる人たちが主要顧客だからでしょうか。
そのあたりの経緯も気になるものです。



ゴアは、歴史観光も良し、ゆっくりビーチで過ごすも良し。
ぜひインド旅行の行先の候補にしてみてください。

goa3-8


ゴア旅行2日目です。

1日目はこちら。


朝、少し早く起きてビーチを散歩した後、海を望むテラスで朝食をいただきました。

goa2-1

朝食メニューにはハッシュドポテトと書いてあったのだけど、実際にはこれ。

goa2-2

これがゴア式ハッシュドポテトなのか。


その後、ゴアでのアクティビティのやる気に満ち溢れている夫と共に、シーカヤックを堪能しました。

goa2-3

実は今回の旅行、ワンちゃんも一緒なんです。
夫が、ワンちゃんを貨物に乗せるための全ての手続きを頑張ってくれていました。

そして、ワンちゃんもシーカヤック体験!

goa2-4

最初は怯えていましたが、前に行きたいのだというので先頭へ。
ワンちゃんは水浴びも海も嫌いなんですが、眺めには興味が湧いたようでした。

近くのKankon Islandまで来て、折り返しました。

goa2-5

朝7時台か、もしくは夕方以降にやると、日光が暑すぎず良いかもしれないですね。

この日はまったりデー。
というか、ゴアはまったり過ごすために来る場所。

お昼にはベーコンアボカドサンドを食べました。

goa2-6

ベーコンがベーコンだし、アボカドがアボカドなんです!
この衝撃、伝わりますか…!
グルガオン近郊もしくは北インドで手に入りやすいベーコンはチキンが多く、また、ポークのベーコンもすごく美味しくできているわけではありません。
アボカドについては、ほとんどのものが固く、熟しても硬いままの品種で、柔らかいものは高いのです。


夕方になってから水着に着替え、ボディボードを借りて、海の中に入って遊びました。

goa2-7

ボディボードを使って泳ぐのなんて、15年ぶりくらい?
小さい頃を思い出しました。
海水が日本の海よりしょっぱくて濃い気がしました。
洗濯物が乾きにくかったので、暑さや湿度にそれほど日本の夏と違いがあるように思えませんし、淡水の流れ込みもそんなに違いはないと思うのですが。




そういえば、インドでは水を飲む時はペットボトルウォーター推奨なんですが、ゴアのお水はこれでした。

goa2-8

グルガオン近郊では、KinleyやBisleriというのがほとんどで、これは見かけないので気になって。

意外と、インド全土で共通して使用されているサービスや日用消費財というのは少数で、国土が大きくたくさんの州に分かれていることから、大半は地域特化してますね。

デリバリーのアプリでさえ、全ての地域でZomatoが優勢というわけでもないですし。

そういう意味では、インド全土でバーンと存在感を出していこうと大きな目標を立てるのではなく、まずはこの地域に特化してこのビジネスを広げていこうとするのが大事なんでしょうね。
競合もたくさんいることにはなりますが。

さて、夜にはまた美味しいシーフードとカクテルを堪能しました。

これはエビのシズラー。

goa2-9

このほかに、エビとイカのガーリックバター焼きの合計3品を頼み一人でペロリと平らげました。
イカが前日のものよりとても美味しかったんですよね。

カクテルの名前は忘れてしまいましたが、普段頼まないものに挑戦。
どれも美味しかったです!

goa2-10

goa2-11


ゴア旅行【3/3】へつづく




こんにちは。

ゴアという、インド南西部の観光地へ行ってきました。

なぜ毎日するはずだった更新が止まっていたか?
なんと、電波が安定せず、停電によりWi-Fiが止まるし、モバイルネットワークも弱い場所でした。
画像の圧縮のアップロード/ダウンロードと、ブログへのアップロード、何年かかるんだろうという感じ。
ブログ更新は諦めて旅を楽しみました。

さて、夜のうちにデリーからゴアへ飛び、日付を跨ぐ時間にゴア空港へ到着。

goa1-1

その観光地としての人気の高さのわりに、空港はコンパクト。

goa1-2

滞在予定の南ゴアまでは2時間ほどかかるため、この日は近くのホテルに泊まりました。

『Devasthali』というホテル。
ベッドルームの天井がとても高く開放感がありました。
写真では綺麗に見えるのですが、やはり少しの古さを感じてしまい、予約サイトの口コミ通りの評価という印象。

goa1-3

goa1-4

こちらはバルコニーからの景色。

goa1-5

実際、朝の雰囲気も良い感じなのですが、リゾートとは言い難いかな。
空港から近いので、ちょっと泊まるには良いかも。

goa1-6

goa1-7

ちなみに、これはインドあるある?
安全装置がついており、ペンや細いものを一番大きな穴に入れないと、コンセントに差し込みプラグが入らない仕組み。
利用者の努力の跡が感じられてパシャリ……。

goa1-8

それでは、1日目の始まりです。
暑くなる前に、目的地の世界遺産へ移動しました。

目的地とは、ゴアの教会群と修道院群

ゴアは、ポルトガルによって451年もの間植民地支配が行われていた地域です。
歴史上有名な人物としてはヴァスコ・ダ・ガマが到達しており、その後なんと、あのフランシスコ・ザビエルがゴアを拠点にして宣教活動を行っていました。
そして、そのザビエルの遺体が、このゴアの教会に眠っているのです。

そういった歴史があり、現在も新旧のキリスト教の教会があちこちに残っています。

入口から入って一番最初に目に入るのはアッシジの聖フランシス教会

goa1-9

この教会群を含むゴアでは、長崎方面でよく見る干十字(カルワリオ十字紋と同じ?)が目立ちます。
そして、教会内で写真が撮れないためブログにはアップできませんが、イエズス会の「IHS」の文字も至る所に!

このアッシジの聖フランシス教会の向こう側に、セー大聖堂があります。

goa1-10

そして私が最も行きたかった、ボム・ジェズ教会(Basilica of Bom Jesus)

goa1-11

ここの最奥部に、ザビエルのミイラ化した遺体が銀の棺に納められています。
実は、10年に1度その遺体が公開されていて、次の公開年は2024年の予定。
そのタイミングでゴア旅行はいかがですか?
ウェブで検索すると沢山の写真が出てくるので、興味のある方は見てみてください。

セー大聖堂やボム・ジェズ教会は現在も稼働しているので、やはり信者の方を優先した観覧の仕方や服装を心掛ける必要があります。

お邪魔させてもらったわけですが、歴史を学んできたものとしてはあの(風貌から中学生の心を掴んで離さない)ザビエルのいる場所に来るというのは、胸に来るものがありましたねえ。

ボム・ジェズ教会の目の前には、信者用の集会所(?)が作られていました。
For Massと書かれていて、調べてみると、カトリックの用語で「ミサ、ミサ聖祭」のことだそう。
屋外のミサ用の場所ということですね。

goa1-12



教会群の観光を終え、スクーターで南ゴアのビーチエリアへ向かいました。

宿泊したのはPalolem Beachにある「Rococo Pelton」。

goa1-13

お部屋によっては、バルコニーからビーチを眺められます。

goa1-14

これがPalolem Beach(パロレムビーチ)。
端から端まで歩くとすると20分ほどの、そんなに大きくない静かなエリアです。

goa1-15

海の目の前に宿兼オープンレストランが造られているので、海を眺めながら、さざ波の音を聞きながらゆっくり過ごすことができます。

泳ぐ人も少なくないので、ライフセーバーもちらほらいて、結構目を光らせていました。

goa1-16


さて、私が楽しみにしていたのは海鮮!

goa1-17

goa1-18

新鮮なエビやイカ、カニ、魚を選んで、調理してもらえるのです。

goa1-19

goa1-20

久々の新鮮な海鮮、最高ですね!

夜が更けてきたら、ビーチのテーブルでお酒を嗜むことができるのもゴアならでは。

goa1-21

インドは、飲酒文化がなく、また、飲酒することに対して厳しい目を向ける人が少なくなく、禁酒州があったり、酒類に対して非常に高い税金が課せられています。
そんな環境の中、ゴアは面積が小さいながらもひとつの州として独自のルールがあるため、安く美味しいお酒が楽しめるのです。

goa1-22

あ、でもレストランによっては高くて美味しいお酒もあるので要チェックです(笑)

goa1-23



ゴア旅行【2/3】へつづく


さて、リシュケシュでラフティング【1/2】の続きです。

ラフティングの後は、少し休憩してから、The Patioというダイニングレストランへ行きました。

ここ、Aloha on The Gangesというお高めのホテルの中にあります。

本来は宿泊者しか利用できないようですが、夫の交渉により入れました。
こういう、とりあえず言ってみるというインド人の姿勢、すごいですよね。
と言いつつ、「こういうところ私の父親に似てるなあ……。」と思いながら見ていました(笑)

残念ながら食事の写真はありませんが、とても美味しく、ギター生演奏なども楽しむことができました。


ちなみに、宿泊したのは前回と同じ、Blue Jay Hostel Rishikeshです。
さすがに夫婦なのでデラックスダブルルームという個室を選びました。

リシュケシュって、山だからインフラ面での負担が大きいという事情があるかとは思うんですが、''ちょうど良い''ホテルが少ないんですよね。

安くてそれなりのホステルか、だいぶ高いホテル、という風に分かれていて、その間がない。
それに、このクオリティにこの金額払うの?と思うようなこともしばしばあります。
まあ、山岳部なのでその点は観光客が許容しなければならないのはわかっていますが……。

Blue Jay Hostelは良いですよ。良いですが、他の観光地を知っていると割高な気もしてしまいます。



そして次の日、飛び込みでヨガセンターに行きました。

前回のリシュケシュ旅で私が行った場所を再訪。
その時間はヨギのオンラインレッスンが入っていたので、2時間後にお願いしました。柔軟に対応してくれます。

こんな感じで、リシュケシュのあちこちに飛び込みレッスン(DROP-IN CLASS)の案内があるので、予約をし忘れてもなんとかなります!

rishikesh1

ヨガまでの間に、カフェで朝ご飯を食べました。
前回と同じ場所。

rishikesh2

新しい場所に挑戦できないビビりというのもありましたが、この景色を夫に見せたいなと思って。

rishikesh3

さて、朝食後、ヨガを終え、またしても前回と同じ、ビートルズアシュラムに向かいました。

rishikesh4

rishikesh5

「僕の知らないインドを君は教えてくれるね」と夫に言われました。てへぺろ

そういえば、リシュケシュでは青いオートリキシャが走っていました。

rishikesh6

私たちは、滞在中の2日間、ホテルでスクーターを借りたので、スイスイ移動できました。
リシュケシュは道路が限られており広くもないので、常にどこかで渋滞が起こっています。
車で移動する場合には余裕をもってスケジュールを組んだほうが良いでしょう。


遅めのランチは、有名インドレストランの「Chotiwala」へ。
この時期、ターリーにハマっていたので迷わず注文しました。

rishikesh7

これでリシュケシュ滞在は終わり、グルガオンへの帰路につきました。


なんと、そこでちょっとうれしい出来事が。

帰り道は、行きの時に利用した道とは別の道で、国立公園に近い場所でした。

rishikesh8

道の先で車が止まって混雑しているなあ、というエリアがあったんです。

そこで何が起こっていたかというと

rishikesh9

なんとゾウがいました!!!
ゾウは少し歩いて、森のほうに戻っていきましたが、飼われていないゾウを見たのは初めてでした。感動しますね。


それから、帰り道のサトウキビ畑の前で、人生初の路上サトウキビジュースを体験しました!

rishikesh10

rishikesh11

rishikesh12

思ってた通りの感じでしたが、ショウガなどを入れてくれたので美味しくいただくことができました。

(加熱してないし、最後にいつ器具を洗ったかもわからないので、外で生ものは摂らないようにしている。危機管理!)

今回のリシュケシュ旅は以上です。

次の旅を乞うご期待!


最近、読書記録しか残していないので、3月、4月で行ってきた旅行のことを少しずつまとめていこうと思います。



3月の26日と27日の土日で、リシュケシュに行ってきました。

2019年に行って詳しく書いたものはこちら↓




今回はササッとまとめたい(笑)
人生2回目のリシュケシュということで、目的はラフティング!

rishikesh1

リシュケシュはガンジス川の上流に位置していて、春には雪解け水が流れてきます。
人が泳げる程度の適度な水量で、3月頃からラフティングなどが楽しめるのです。

リシュケシュエリアに入ると、街や道のあちこちに、ラフティングツアー会社があります。
私たちは予約をしていなかったので、飛び込みでラフティングをお願いしました。

あまり上流に行き過ぎると業者がいないので、街の中心部で探すのが良いでしょう。

実は私、ラフティングが大好きでして、日本にいた時に群馬県のみなかみにちょくちょく行っていました。ラフティングサークルに入りたいと考えていたくらい。

日本でラフティングをする際は、ラフティングツアー会社の建物に更衣室やシャワーなどがあり、ウェットスーツやシューズなども貸し出されてそこで着替えることができるのがほとんどだと思います。

しかし!

リシュケシュではそれはメジャーな方法ではなく、濡れても良い服やサンダルは自分で持って行かなければなりませんでした。(着て行かなければならない。)

身に着けるもので貸し出してもらえるのは、ライフジャケットとヘルメットのみです。

これは、リシュケシュでは当たり前のようで、夫に「ここは日本じゃないんだよ!」と言われたので濡れても良い服を直前に買いに行ったりしました(笑)

そして、集合時間に指定場所に集まり、ボートが乗った車にぎゅうぎゅう詰めになりながら上流まで行きます。

rishikesh2

ボートや設備はこんな感じ。

rishikesh3

私たちが依頼した会社はガイドさんが1人でしたが、前と後ろに1人ずつ(計2人)ついている会社もありました。

スマホや財布などは、ガイドさんがまとめて防水袋に入れてボートにつないでくれます。

さて、肝心のラフティングですが、

最高でした!!!

コースが12kmと36kmの2パターンあるようで、私たちは短い12kmのコースを選択。
それでも十分に楽しめました。
川幅が広いので穏やかな箇所もありますが、5~6回ほど急流を皆で漕いでいくところもありました。
ラフティング、やっぱり楽しいですね!

水は非常に冷たかったですが、プールでの水泳にハマっていて慣れていた頃だったので、それほど苦ではありませんでした。
最後のほうは、皆で川に入ってただただ流されていました。

日本との違いとして面白かったのが、途中、休憩場所があるのですが、なんとそこに出店がずらっと並んでたのです(笑)

rishikesh4

ここで水やチャイやお菓子が売られていたり、マギーというインスタントラーメンを作ってくれたりします。

rishikesh5

お財布はここで役に立つんですね。

出店の人たちの商魂たくましい……と思ってしまいました。

日本では経験したことがないというか、日本の場合、貴重品をロッカーに入れておくはずなので、支払いをすることができないと思うんですよね。
ラフティングの距離も、ご飯を食べたいと思うほど長くはないですし。
だから川辺にお店が並ぶ意味が無いんですよね。

でもリシュケシュは違うんです!ビジネスチャンス!ラフティング会社も、お互いに持ちつ持たれつ!

私は、早くラフティングしたかったので何も買わず休憩が終わるのを待ちました(笑)

ちなみに、終わった後は、集合した場所まで車で送られてびしょびしょのまま解散となりました。



リシュケシュでラフティング【2/2】へ続く





↑このページのトップヘ