パンゴンツォへの道のり

インドのパンゴン湖に行きたい。 インドのグルガオンで働いています。

カテゴリ:旅行 > インド旅行


こんにちは。

やりたいことをやる1年ということで、今年は毎月旅行に行きたいなあと思ってるんですが、1月はチャンディーガルというインドの都市に行ってきました。

チャンディーガルとは、ハリヤナ州とパンジャーブ州の州都で、首都デリーから電車で北に3時間半行った所にあります。





この場所に行こうと決めたのは、世界遺産があったからですが、その世界遺産を知ることになったきっかけはQuizKnockというYouTuberでした。

詳細はYouTubeもしくは彼らのウェブサイト「QuizKnock」を見てほしいのですが、彼らの動画の中でたびたび、フランスで活躍した建築家ル・コルビュジエの単語が出てきておりました。

ふと、ル・コルビュジエの世界遺産はインドにもあったことを思い出し思い調べてみると、それがチャンディーガルにあり、行ってみたいと思うようになりました。

ちなみに、QuizKnockでル・コルビュジエに言及する動画が見つけられなかったので、私のお気に入りの動画を載せておきます(笑)


QuizKnock - 東大生なら百人一首を母音だけでもプレイできる説【やんごとない】





そんなこんなで、1月25日・26日で1泊2日のチャンディーガル旅行を計画。



1月25日(土)の朝イチ、グルガオンの自宅からメトロに乗ってニューデリー駅(NDLS)に向かいました。

5:30頃に家を出たので外は真っ暗。人も犬もいませんでした。

chandigarh1-1

最寄駅からトコトコ1時間ほどメトロに乗って、ニューデリー駅(NDLS)に到着!
インド国鉄の長距離列車に乗り換えます。

初めて東側の駅舎を見たかもしれない。派手。

chandigarh1-2

そしてニューデリー駅に電光掲示板があることを初めて知りました。

chandigarh1-3

これで乗り場がわかる……!

今まではそのへんの人に予約票を見せて「これって何番線ですか?」と聞きまわってた(笑)

chandigarh1-4

いつでも人がたくさんいるニューデリー駅。

chandigarh1-5

列車の中はこんな感じ。この急行列車はCCのシートしかありませんでした。

(列車によっていろんなタイプがあるので高めの席も経験してみたいんですが、そのうち。)

chandigarh1-6

これ、なぜか真ん中を境に向かい合わせのシートの並びになっているので、座席によっては進行方向に背を向けることになります。

真ん中にある座席は、反対側の席の人とこんにちはしてテーブルを共有する形です。

列車が走り始めると、ペットボトルの水、パックの飲み物が配られます。

水は座席に置いてあることもあるけど、ふたがちゃんと閉まっているかチェックしましょう。
席を間違えて先に座っている人がいることも多く、先に飲まれてたら嫌だなあ、と(笑)

それからチャイタイム。
赤いポットに入ったお湯とチャイセットが配られるので、お好みで作ります。

chandigarh1-7

隣の席の人は別料金を払って別の飲み物を作って持ってきてもらっていました。慣れてるって感じがする~。

この後、軽めの朝食が運ばれてきます。



今回初めてデリーから北に向かう電車旅だったので、景色も気になるところでした。

chandigarh1-8

うーん、今まで経験した景色とあんまり変わらない。

景色を楽しみたいのと、充電を気兼ねなくしたいのでいつも窓側の席を取ります。
(窓側に充電できるコンセントが付いてます。)



鉄道旅してると、線路沿いにあるスラムに目が行くんだよね。

どうやって生計を立てているんだろう、健康状態はどうなんだろう、と気になるんだけど、何もしていない自分がここにいるなあといつも思う。



そんなことを思いながら、チャンディーガル駅に到着!

chandigarh1-9

私が乗ったのは7:40発の列車番号12011、Kalka Shetabdi Expressでした。

これは、ニューデリー駅からカルカ駅までを走る高速急行列車で、毎日同じ時間に運航していて列車番号も同じ。

チャンディーガル到着予定は11:05で、実際に着いたのは11:04!

冬に時間通り出発して時間通りに着くとは。
距離がそんなに長くないからあまり遅れないのかな。

と考えながら目的地に向かいました。

chandigarh1-10

chandigarh1-11



つづく。











リシュケシュ旅行に行ってきた【3】の続きです。



ガンジス川沿いの散策を楽しみながら、 目的地The Beatles Ashramに向かいました。

rishikesh4-1

The Beatles Ashramというのは俗称で、正確にはMaharishi Mahesh Yogi Ashramという場所。

約50年前、The Beatlesが彼女や取り巻きを引き連れて精神修行にやってきたことで有名なヨガ修行の場所だった。

この修行からイギリスに帰国して発表したのが『The Beatles』通称ホワイト・アルバム。

rishikesh4-2

『地球の歩き方』を読んでこの場所を知り、洋楽好きとしてはたまらなく気になってしまい、ここに来る一番の目的になった。

今でこそ街ができているけど、当時のリシュケシュってどんな感じだったんだろう。

やっぱりもっと何もなかったのかな。

rishikesh4-3


だんだん人がいなくなっていくからこの道で合っているのか不安になりながらもGoogleマップに従う。

看板とか何もないの。何かあってもヒンディー語だし読めないし。


rishikesh4-4

雰囲気出てきたな~と思っていたら到着。入口の写真は撮り忘れてしまった。



外国人観光客は入場料600ルピー。

私はPANカードという納税カードを持っていたので、それを見せたらインド人料金の150ルピーになった。
言ってみるもんだ。



入ってからすぐに上り坂。もうここから雰囲気出てる。

rishikesh4-5

ベンチで休憩必至です。



上り切ってからは雰囲気に飲み込まれたなあ。

rishikesh4-6

rishikesh4-7

建物がかなり古くなっていて廃墟状態なんだけど、あらゆる壁にファンアートが描かれていて見応えがあった。

rishikesh4-8

rishikesh4-9

こんなインスタ映えスポットに一人で来るもんじゃない(笑)

まあ近くにいる人に撮ってもらえば良いのかもしれないけど、インド人みたいにポーズ撮るの上手いわけではないし……。

rishikesh4-10

rishikesh4-11

rishikesh4-11



これは瞑想する場所で、上のドーム部分に中から階段で上がれるようになっている。
下の部分は何のスペースなんだろう。なんで2階建てにしたんだろう。

rishikesh4-12



サンスクリット語?ヒンディー語?
ドーム部分に文字がかたどられているのがなんかいいなと思って。

rishikesh4-13



上から見えるリシュケシュとガンジス川の景色もまた良いものでした。

rishikesh4-14

ビートルズのみんなも見たのかなと思いを馳せた。



あ、そうそう、ジョン・レノンが好んで使っていたという9番の瞑想ポイントにも行ったよ。

rishikesh4-15

階段がちょっとボロボロすぎてさすがに上には行かなかったけど、ドーム内の壁一面のアートが外からも見えた。

rishikesh4-16

ほんとに9という数字が好きだったのか?
施設の入口が近いからここを選んだのでは?
と敷地内を歩き疲れて邪推してしまったのは私だけだろうか。



当時のビートルズの写真がずらっと飾られていたりもしました。

rishikesh4-17

rishikesh4-18



あとおまけ。漢字に見える入口のドア。木田。本田でもいいかもしれない。

rishikesh4-19



The Beatles Ashramとっても良かったので、おすすめ!

インドに来たビートルズファンは一回行って損はしないと思う。

そして廃墟好きにはたまらないでしょう、ここは。



目的は果たしたのであとは帰るだけ。

rishikesh4-22



川岸まで行ってガンジス川の水も触ってみた。まだまだ入れる温度。

rishikesh4-21

結構潮のにおいがして不思議だったんだよね。塩分含んでるのかな?



来るときに渡った橋とは別のRam Jhulaという橋。こっちはバイクでも通れる。
揺れて怖いのでやめてほしい。

rishikesh4-23

rishikesh4-24



それから、30分以上歩いて歩いて歩き続けて、辿り着いたTriveni Ghatという沐浴の場所。

rishikesh4-25

歩き疲れてるし暑いしで、乗り合いのオートリキシャーは10ルピーだから乗れば良かった。のに、前日にぼったくられたのを引きずって意地になって歩いてしまった。

rishikesh4-26

グルガオンではあんまり見かけないけど、子犬がいっぱいいたなあ。

昨日か何かお祭りをやっていたのかここ一帯が凄く散らかってたわ……。

rishikesh4-27



見るとこ見たしあとはもう帰るだけ、と思って休憩できるようなカフェを探しながら街中を歩きまわったんだけど……。

rishikesh4-28

rishikesh4-29

まあああ、ないよね。カフェが。ない。

ガンジス川の橋と橋の間の観光エリアはいっぱいおしゃれカフェがあったのに、駅周りの街中に行くと本当にそういう休めるところがない。

いや、ローカルな屋台とちょっと椅子かもしれないものが置いてある、みたいなところはあるんだけど。違うんだ。



そして1時間くらい歩き続けてやっと見つけた大丈夫そうなおしゃれカフェがこちら。

rishikesh4-30

WAFFLE STATIONって書いてあって、洋食だ!椅子がある!と思って飛び込んだ。

ガソリンスタンドの一角にあるお店。

rishikesh4-31

バニラシェイクとピザポテトを頼んだよ。美味しかった。

rishikesh4-32



あと、歩き回ってた時に見つけたアンベードカル氏の像。

アンベードカルのしたことについてはまだあんまり詳しくないんだけど、インド映画だと、どういうエリアを表すのかっていうモチーフとしてたまにアンベードカル像が出てくる。

rishikesh4-33



それから、ローカル映画館を見つけた!めっちゃ行きたい!

rishikesh4-34

1スクリーンで、一番安い席で40ルピー(約61円)、高いプラチナムシートで180ルピー(約276円)。

グルガオンのショッピングモールにある映画館の相場と比べたら3分の1くらいかな。

rishikesh4-35

開始時間が近づいてきていたので、人がわらわら集まり始めていた。

午後暇だったからここまで辿り着けてたら良かったなあ。
でも次回来た時の楽しみにしとく!楽しみすぎる!



もうあとはバスに乗るだけ。ここがバスターミナル、ISBT Rishikeshです。
トイレは5ルピー払いましょう。

rishikesh4-36

バスの座席が最初から倒れてると、気を遣わなくて良いよね。座るのも一苦労だけど。

rishikesh4-37

帰りのバスも行きと同じく501ルピー(約767円)。



そこから17時に出発してデリーには23時に着く予定だったのに、結局着いたのは夜中の2時。

その間トイレ休憩は19時の1回だけ。膀胱との戦いだった。



そしてこの日の歩数は29,398歩!ディズニーランド並み。

体温調節のしにくい長袖ニットで来てしまい汗が乾かず歩き疲れたけど、総じて楽しかった。
ほんとリラックスできた。

次また来るときは、感動を共有できる誰かと一緒に来れたらいいな。

ほんとおすすめ!大好きリシュケシュ!




リシュケシュ旅行に行ってきた【2】の続きです。



瞑想から宿に戻る時間でもまだ7時45分。

街が目覚め始める雰囲気が好きでいっぱい写真を撮ってしまった。

rishikesh3-1

rishikesh3-2



あちらこちらの壁に絵が描かれている。

rishikesh3-3

rishikesh3-4

かわいいね。



rishikesh3-5



宿でチェックアウトしてから歩いてガンジス川にChill outへ。

rishikesh3-6


どう?

これこそ私が求めていた景色。


rishikesh3-7


早くも、リシュケシュで迎える初めての朝に、ここに来て正解だったと思った。


rishikesh3-8



砂浜はキラキラしていた。なんの成分だろう。

rishikesh3-9



さあ、橋を渡るぞ。

これはLaxman Jhulaという橋。

rishikesh3-10


こんな吊り橋だと思ってなかったんだよね。コンクリートでできた橋だと思ってた。


rishikesh3-11


自撮りするインド人たちを早歩きで追い抜きながら撮った景色。


rishikesh3-12

rishikesh3-13

景色は良い。景色は。でも怖い。



秒で橋を渡ったら待ち構えるシヴァ神。
マハーバーラタのガンガーダラと関係ある?

rishikesh3-14



Googleマップで検索しながら落ち着ける場所を探して歩き続けた。

rishikesh3-15

ここを歩いたのは9時半頃だったけど、それでもまだ開いてないお店がちらほら。



そんなこんなでGoogleマップでの評価の高さだけを基準にして決めたカフェで朝食。

大正解でしょ。

rishikesh3-17

結構風が強かったから、耳が過敏で強風恐怖症の私はちょっと緊張。

でも待ち望んでいた山と川の景色に身を委ねたらいつの間にか平気になっていた。

ちなみに料理の味は微妙だったけどハーブティーは美味しかった。

朝で空いてたのもあって、1時間くらいいたかなあ。

最高の時間の過ごし方。



それからガンジス川沿いをお散歩。

ガンジス川沿いにアシュラム(ヨガ修行のための宿泊所?)がたくさんあるのか、サドゥー(修行僧)の方々も歩いてた。

rishikesh3-18



牛も水分補給。

rishikesh3-19

リシュケシュの牛たちは、グルガオンで見る牛よりも二回りくらいサイズが小さいような気がした。種類が違うのかな?



道が整備されていて、ベンチや東屋が至る所にあった。
ガンジス川を見てChill outしなさいって言われてるようだった。

rishikesh3-20

rishikesh3-21

もちろん川まで行ける。沐浴してる人もたくさんいたなあ。

沐浴も、リシュケシュのガンジス川なら大丈夫そう……。

rishikesh3-22



今回の旅で私の一番好きな写真。

rishikesh3-23

お目当ての場所まで全然辿り着けない……。(笑)



リシュケシュ旅行に行ってきた【4・完】につづく。




リシュケシュ旅行に行ってきた【1】の続きです。

バスターミナルから宿まで、オートリキシャーに乗って行った。

なんと今回、人生で初めて「1人で」「海外の」ホステルに宿泊を決めた。

(母親と一緒に日本で泊まったことはあるんだけどね。)

恋人と一緒に行くわけでもないし、一泊だし、贅沢する必要はないな、と思って残り1ベッドのみだった綺麗そうで安いホステルをBooking.comにて予約。

(参考までに、Blue Jay Hostel Rishikeshというところで1泊832ルピー=約1,274円。)

バスに乗っている間に、ホステルから予約確認の電話が来ていて、20時半頃にチェックインするよ~ということを伝えて。
(インドはバスでも電車でも映画館でもトイレでもどこでも電話に出る。)

バス遅延もありオンタイムでホテルに到着。
名前を言って、台帳記入して、パスポートを渡してチェックイン。

受付の男の子たちがイケメンだったので胸きゅん。

ホステルならではの(?)人懐っこさも相まって可愛かった……(笑)



朝急いで予約したのであまり写真を見てなかったけど、建物もお部屋もベッドもバスルームも綺麗だった!!

朝撮った写真。外観。

rishikesh2-1

共有スペース。

rishikesh2-1

rishikesh2-2

暗い……(笑)



私は、寝てる間に虫的なものに噛まれやすいようで、いろんな人が来るホステルやホテルでベッドを共有する行為はとてもドキドキだったんだけど、心配無用だった!

私の部屋は6ベッド男女同室でしたが、嫌なことはなく、挨拶とちょっとした自己紹介をしてあとは個人の時間って感じだった。

ただ、日本から来た方が2名私と同じ部屋にいて、日本人とわかってからは会話が弾む弾む。

色々話す中で、次の日の朝イチの瞑想に一緒に行かせてもらうことに!

さすがヨガの聖地リシュケシュ!
飛び込みでも瞑想やヨガに参加できるクラスがあちこちにあるんだよね。

チェックイン時間は人それぞれでまだ来てない人もいたけど、朝を楽しみに、23時には消灯。



rishikesh2-3

さて、朝です。

リシュケシュで朝日を見たくて、日の出前に建物の屋上に上がってみました。

朝方は半袖シャツではかなり冷えてしまい、ダウンジャケットを部屋に取りに戻るほどの寒さだった。



っていうか同室の方で物凄いいびきのインド人がいて、皆さんあまり眠れなかったのでは……(笑)

こういうこともあるのがホステルなんだなと学びになった。今後は耳栓とアイマスクがいるかな?



ホテルが集まるエリアだから、表も裏も建物がびっしり。

rishikesh2-4

rishikesh2-5

山に囲まれてる風景はまさに私が求めていた環境で、朝から嬉しさが止まらなかった。



そんなこんなで6時30分を過ぎた頃に宿を出発して、歩いてヨガスクールまで。

rishikesh2-6

朝方は飼われているヤギやロバをたくさん見かけたなあ。
私の住むグルガオンとの違いに目が行ってしまう。



そしてヨガスクールに到着。

rishikesh2-7


rishikesh2-8

門に「OKAERI JAPAN」と書かれているのは、同じ建物の1階に「カフェおかえり」という日本食提供のカフェがあるから。
朝は閉まっていたから行かなかったけど、またリシュケシュに来た時に行こうかな。



ヨガスクールはこの2階でした。

rishikesh2-9

Drop Inという飛び込み参加は朝8時からのヨガだけ受け付けているらしかったけど、6時45分開始の瞑想に私も参加させてくれました。

旅行者は、まずDrop Inで参加して、次の日以降の予約をするという仕組みのよう。

肝心の瞑想はと言うと、最初に先生が瞑想についての説明をしてくれて、その後実践に。

瞑想でイメージされるような「無の境地」を目指すものではなく「自分の思考を自分でコントロールする」ことが目的だった。

なんだかんだ瞑想をするのは初めてで、本場の瞑想に脳がやられてしまい頭がグワングワンする瞬間があって。

先生がOmを唱えるフェーズがあるんだけど、それと波長が合ってか合わずか気持ち悪くなっちゃった。

アーユルヴェーダのシロダーラを体験した時にも頭がグワングワン揺れるような感覚になったことがあるので、同じ感じかなあと。トリップしやすい。

雑念は消えず、自分の思考をコントロールすることもできずじまいだったけど、つくづくピラティスはヨガから派生したものだなあと。

ピラティスをもっと知るためにヨガをちゃんとやるのも良いかな、なんて思ったり。



瞑想終了後は、先生がハーブティーを作ってくれました。

rishikesh2-10

このお花とお水と摘んできたハーブを火にかけて沸かして出来上がり。

rishikesh2-11

素敵な香りとほど良い甘さでリラックスできた。

先生はヨガのライフスタイルも知ってほしいんだ、と言ってティータイムをシェアしてくれた。

ハーブティーをいただいてから、その後のヨガには参加せずホステルに戻りました。

私がリシュケシュに来た目的を果たすために……!



帰りに出てきてくれたヨガスクールにいる子猫ちゃん。とっても警戒された。

rishikesh2-12



リシュケシュ旅行に行ってきた【3】につづく。




こんばんは。ご無沙汰です。

いやーブログは書き溜めてるんですけど、なかなかアップロードしようと思える内容にできず……。

長引いていた下痢は、お医者さんに出された薬を2週間飲んでたら治りました。
早く病院に行けば良かったなあ。



さて、先週末、土日でリシュケシュという所に旅行に行ってきました。

元々は別の場所に行く計画を立ててたんですが、なんやかんやあって、1人でリシュケシュに旅立つことにしました。

それが土曜日の朝でした。なんとインドに来て初めての単身旅行。ドキドキ。

MakeMyTripというアプリを開いて、リシュケシュ行きのバスを予約。
いろんなバス会社がある中で、リシュケシュ行きはUttar Pradesh State Road Transportが良さそうということを友人が教えてくれたので、結局往復ともそのバス会社で予約しました。

土曜日のお昼12時にデリー発のバスだったので、11時30分頃にはバスターミナルに到着。

デリーにはバスターミナルが2ヶ所あるようでしたが、私はISBT Kashmiri Gate発、そしてISBT Rishikesh着のバスを選びました。

そのISBT Kashmiri Gateはこんな感じ。

rishikesh1-1

rishikesh1-2

rishikesh1-2

結構綺麗じゃない?!いわゆるバスタ新宿みたいな場所!

トイレも思いのほか綺麗でびっくり。(トイレットペーパーもペーパーを捨てるゴミ箱もないけど。たまに便座もない。)

ただ、チケットと電光掲示板の表示を照らし合わせてもマッチする情報が何一つないので、行先と出発時間が近いバス乗り場に行って、バスが合ってるかどうかを乗務員さんに確認する必要がありました。

バスに行先が書いてあるわけでもないし、初めてだと緊張してるのもあってちょっとわかりにくい……。

不安を抱えながら乗ったバスがこちら。片道501ルピー(約767円)。

rishikesh1-3

なんと、バスは時間通り12時に発車しました。

土曜日の昼間に出発する便でも40席が満席。

シートベルトは全席無し。私の席の冷房のカバーが無くて直接冷風が当たる状況でした。

涼しい時期だから不快感はなかったけど、夏の季節は冷房があっても暑いのかなあ。

インドの道はガタガタしているのに加えて、このバスのスプリングがどうなっているのか、ガタガタの道を通る度にバスがボヨンボヨン揺れ続けて気持ち悪くなりそうでした。

これ6時間大丈夫かなあという不安がよぎりまくり……。

本を忘れてきてしまったので、寝たり、スマホを触ったり、地図で現在位置を確認したりしながら時間が過ぎるのを待ちました。

そうしないと、このバス旅の一番の敵、尿意を忘れることができなかったんです……。

行程表が無いのでいつどこに一時停車するかわからず、どれだけ水分を取って良いのかもわからずずっと不安でした。

結局出発から3時間半経過して初めてトイレ休憩がありました。

高速道路というものが限られているのでほとんど下道を進むんですが、一般道路にも休憩所的なものががあるんですね。

rishikesh1-4

トイレだけでなく、ちょっとしたフードコートやお店があります。

rishikesh1-5

ちなみに休憩所で撮った行きのバス。

rishikesh1-6

予定では12時デリー発の18時15分リシュケシュ着でしたが、結局リシュケシュに着いたのは20時15分でした。

その間、これ以外の休憩はなく、水分補給とトイレを我慢し続ける私……。
でも意外と5時間くらいなら耐えられるもんですね。大人だし。

さて、リシュケシュに着いてバスから降りた私は、ホテルまでどうやって行こうかと思案。

一応、UberとOlaという配車アプリを使ってみたものの、そもそものドライバーがいないので車は捕まらず……。

諦めて、声をかけてきたオートリキシャーに乗ることにしました。

そしたらなんと料金550ルピーとか言い出しました。

リシュケシュのオートリキシャーは乗り合いで10ルピーくらいが相場なんだと『地球の歩き方』で知っていた私は「は?高すぎ!」と抗議しましたが、全然値段を下げてくれず、早く宿に行きたかったので420ルピーで最終合意しました。

たしかに乗り合いではなく貸し切りになってしまったら高くなるのもわかるけど、高すぎる……。

私は良いんだけど、ほかの皆さんが不快な思いをされませんように……。

もっと料金交渉が上手くなりたいなあ。

rishikesh1-7

そんなリシュケシュ到着の夜でした。



リシュケシュ旅行に行ってきた【2】につづく。



↑このページのトップヘ