パンゴンツォへの道のり

インドのパンゴン湖に行きたい。 インドのグルガオンで働いています。

カテゴリ: インド生活


こんばんは。

私は営業マンなので、日々さまざまな立場の方とお会いしますが、今日はこちらをお土産にいただきました。

pic1

まだ秘匿したほうが良いのかなと思って聞いたら、ブログに載せて良いとOKいただきました。

私がインドに来た2019年にも、インドへの日系企業の新規進出の話はたまに聞いたりしていました。

しかしすぐにコロナ禍となり、そういったビジネスはほぼストップ。

長い一時停止の時を経て、2021年後半から人の動きが加速し、特にこの3~4ヶ月ほど新たにインドに進出する日本の企業の方とお会いする機会が急増しました。

ああ、コロナ前はこんなふうに社会が動いてたんだなあと気づくこともしばしば。
それに、外国(日本)から見て、インドはさらなる展望を遂げる国なのだと期待があるのは、インドに慣れてしまった私にはワクワク感じられます。
永遠にポテンシャルのある国……と言われ続けないように、結果をどんどん見せていきたいですね。

インドでご縁のあった方が日本へ戻られてしまうのは寂しいですが、それだけではなく当然新たにインドに渡航する方もいらっしゃるわけです。

そういった新たな出会いも大切に繋いでいきたいものです。


話は変わりますが、私はグルガオンでの生活をまだ日常にはしていないのでは?日常にしたくなかったのでは?と考えたりしました。

こうしてブログを書いているのは、出来事が「当たり前」ではないから。
日本との違いや、その土地土地の面白さを見つけようとしているから。

真にここでの生活が日常になった時、私にはブログが書けなくなるのでは?と思ったりしました。
(とは言え、大学時代には日記のようなブログを頻繁に更新していましたが。)

まあ、飽きていることには違いないでしょうし、そのためにブログを更新できないこともあったはずです。



さて、今はデリー空港にいます。

pic2

明日からの旅行ブログ、乞うご期待!


こんばんは。

グルガオンもしくは北インドの地域では、10月中旬頃から11月半ばまで、強い花の香りが漂います。

ナイトジャスミンもしくはRaat ki rani(ラートキラニ)と呼ばれている、夜に咲くジャスミンの花の香りです。

私が住む地域にもこの花の木がたくさんあり、夜になると花が開き香り始めます。

raatkirani

(ウェブで検索して出てくる写真とだいぶ違うので合っているのか不安……。咲きすぎ。)

日本でいうところの金木犀と共通項のある花でしょうか。
香りは全く異なりますが、ある季節が来ると咲き、香りを楽しんでいるといつの間にか散っているところが似ています。

ちなみに私はこの花の匂いが苦手で、あまりに匂いが強い日は鼻がムズムズします。
地域にもよりますが、私の家の区画内にたくさん木があるので、特に夜に散歩をしていると鼻が刺激されます。
もう少しふんわり香る状態であれば好きになれるのかもしれません。

また、大気汚染が始まるタイミングでこの花も咲き始めるので、私の場合ですが、大気汚染が始まるなあというイメージがついています。
もしかすると、この花の匂いを大気汚染の空気のにおいと思っている人もいるのでは?

香水やアロマオイル、石鹸などの香りにも使われているそう。

私はまだ慣れていませんが、インドの人たちにはとても好まれている花です。

もしこの時期にインドで過ごすことがあれば、文字ではお伝えできない香りにも注目してみてください。


こんばんは。

もうインド生活も4年目ともなると「慣れ」が出てしまいますが、無理矢理ネタ探しをしていると、そういえば日本とは違うかもしれないなということに気付けたりします。

今日はスマホの保護フィルムの貼り替えについて。

私は、スマホの扱いが雑なので、よく床や地面に落とします。
インドの家の床は大理石なので、保護フィルムを貼っていない場合は悲惨なことになります。 
なので保護フィルムはマスト。
でも何十回も落とすので、その保護フィルムに傷が入ってしまうこともしばしば。
現在のスマホは購入してから1年半ほど経ちますが、本日、7回目の保護フィルムの貼り替えをすることになりました(^^;)
トイレの洗面所の台から落としたら、当たり所がわるかったんですよね。

phone1

これくらいの傷なら、また次の大きな傷がつくまでしばらく我慢したりもするんですが、旅の予定があるのでできるだけ持ち物を綺麗にしておきたいと思い、ガレリアマーケットの中にあるスマホグッズショップへ行きました。

phone2

phone3

店舗で機種を言えば、それに応じた保護フィルムを店員さんが選んで貼り替えてくれます!
この、店舗で買ったフィルムを店員さんが貼り替えてくれるの、ほんとに有り難い!

日本でやってもらえるのかな?別途費用がかかる?

貼り替える時は、並々ならぬ注意を払ってくれます。

phone4

内側に埃が入ってしまったらシールで取ったり。

phone5

3分もかからずに終わります。

貼り替えも含めて、保護フィルム代は200ルピー(約348円)でした。
(前回は300ルピーだった気がするが。)
もっと良い保護フィルムを選ぶと、値段は上がるものの、何十回落としても割れにくいのかもしれません。

日本人の方々に人気のサウスポイントモールで保護フィルムを替えた知人から、1,500ルピーだったと聞き、とっても良いガラス保護フィルムなのかな……と思ったりしました。

……いや、それでも高いよね?!

ガレリアマーケットは、ローカルマーケットとハイソなショッピングモールの中間レベルだと思うのですが、お手頃価格のサービスが沢山あります。

失敗してもいいや、くらいの心の余裕は必要ですが、ぜひマーケット内のサービスも試してみてください。



昨日からハマっているあゆの「Boys&Girls」。懐かしすぎて家のカラオケで練習中!



こんばんは。

最近毎日ブログを書いているのは、インド生活、というかグルガオンでの生活を楽しむ目線をできるだけ持っていたい気持ちがあるからだなあと気付きました。

グルガオン生活は3年8ヶ月が経とうとしていますが、端的に言うと、海と山のない幕張に住んでいる感じなんです。
(そして冬は大気汚染リスクが高い……。)
オフィスと、必要な住居と、ショッピングモールなど。
日本と比べると外国が近く旅行を楽しみやすいですが、日常の楽しみや小さな幸せを見つけられる目線を持っていたいものです。

さて、今回も私がよく行っているおすすめのカフェをご紹介。 

グルガオンのDLF Phase 4にあるカメラミュージアム内にあるカフェ、「Fig at Museo」です。


Fig at Museo (Zomato)

ここは、インドに住み始めた2019年からちょこちょこ通っていたカフェ。

最近は、家が比較的近いため、数週間に1回ほど一人で行っています。
そう、一人時間を楽しめるカフェなのです。

朝は8時にオープンするので、夜型の人が多いインドでは珍しく朝カフェができます!

建物外観はこんな感じ。敷地内では頻繁にバザールのようなイベントが開催されています。

fig1

入口で、コロナ以降に始まった方式だったと思いますが、名前、電話番号、入館時間を書きます。
入るとそこはカメラミュージアムになっています。

fig2

まだカメラミュージアム内を見学したことはありません……。

ここを突っ切った、奥のガラスドアの先がカフェになっています。

室内と屋外の席があるのですが、屋外はこんな感じ。

fig3

屋外席であれば、犬も入って来れるのです。(その場合の出入口は別。)

fig4

ここは、コーヒーの質が高いことでも人気があります。
私が好きなのはアイスカフェラテ。

fig5

食事メニューは、インド料理も洋食もあります。

こちらは11:00までのBreakfast Menuのプレート。大満足プレートです。

fig6

スモークサーモンの…パン(?)。サーモンの質によりますが美味しいです。

fig7

スモークサーモンとアボカドのサラダ。美味しい。

fig8

シュリンプのバターオイル。エビが大振りでぷりぷりしていて感動しました。

fig9

ブラッタとドライトマトのピザ。生地が薄いので、空腹時は一人でも食べられる量です。

fig10

スイーツもあり、美味しく楽しめます。

私一人の場合は、ピザとアイスカフェラテを頼んで1,500ルピーしないくらいです。

11時頃から人が増えだして、15時頃までは混んでいるかなという感じ。
私はその時間帯を避けて行くようにして、読書時間を楽しんでいます。

BGMの音量は大きくないため過ごしやすく、働いている人も丁寧で良い感じ。

落ち着いたカフェタイムを楽しみたい方はぜひ。


こんばんは。

本日、コロナが発生した2020年にプライベートでお預かりしていた荷物を、ご本人がインドにいらっしゃったのでやっとお返しすることができました。

こうして日印間の飛行機が毎日のように運航されるようになり、人の動きが増えると、コロナやそれによるロックダウンより前に「戻る」(それを知らない状態と同じになる)ということはできないと思いますが、真の意味で、私たちはもう歩き出しているのだなと感じました。

さて、ご丁寧に御礼としてこんな素晴らしいものをいただいてしまいました。

omiyage1

omiyage2

仕事を通していただいたお菓子や食品などは、オフィスでスタッフに配って美味しくいただくので、今回も箱だけ見て皆と食べようかな~と思って開けてみたら、お味噌汁などでした。

早速夕食にいただいたら上品な美味しさで感動。涙ちょちょぎれました。



こういった形で、こちらにお住まいの日本人の方々に支えられて生きている瞬間が沢山あります。

Twitterで自慢したくてもしてこなかったいただきものをこの機会に自慢したい。
インドに引っ越す方も、こういうものを持って行くと良いんだなと参考にしてみてください(笑)

日本へ帰任される方からいただいたもの。
賞味期限なにそれ?となるくらい、どんなものでも欲しています。
しるこサンドとか久しぶりすぎて嬉しかった。

omiyage3

コロナのロックダウンで外出制限がかかっていたマンションへに住む方へ、買った物をお届けした時にいただいたもの。嬉しい。

omiyage4

公私ともにお世話になっている方からのお恵み。
こんな高級パスタソースを…!
梅酒王は梅酒好きとしては最高で、インドフィルターがなくても(日本にいても)買いたいレベルでした。夫も気に入っていた。

omiyage5

omiyage6

インド渡航前からお仕事でやり取りをしていた方からのお心遣い。
こういう日本の高クオリティなお菓子も本当に嬉しい。

omiyage7

食料配送直後にやむを得ず帰任された方からのお恵み。
これ以外にもあまりにたくさんいただいたので同僚や友人とシェア。

omiyage8

omiyage9

写真を見返すと、いただいた時の感動が再度こみ上げてきます。
本当に有り難い限りです。

こうしてみると、私はいただいてばかりでお返しできていないなと反省しました……。(物質的に)
ゴルフセットまでいただいたりしているというのに……!

人生の先輩方からいただいているので、私がこう言うのもおこがましいですが、何かお返しできるように生きていきたいですね。

↑このページのトップヘ