念願のレーザー脱毛デビューを果たしました。



 経緯 

日本で、光脱毛をやってみようと思ってミュゼに行って話だけ聞いて終わったことがあるんだけれど、それが約8年前。

その頃から脱毛に関心があり、そしてインドに来て、物価が安く脱毛にかかる費用も安いと聞いたので、えいや!と思って行ってみた。

・清潔感がある
・英語でうまく意思疎通できなくても親切なところ
・コロナ禍でも倒産しなさそう
・ちゃんとしてそう

こんなことを念頭に、下の3店舗を選び出して、ウェブサイトの予約フォームから申し込んでみました。

・Kaya Skin Clinic
・Clinic Dermatech
・Asian Roots

すべての予約フォームに電話番号とメールアドレスを入力していたので、電話が取れなくてもメールで連絡が来ればいいな、と考えていました。
しかし全くメールは来ない。
その代わり、電話はその日に3回ずつかかってきていました。でも仕事中で電話が取れなかったんです。
1回出れなかったらメールかSMSを送ってくれよ……。本当に電話社会だな……。などと思っていました。

携帯電話からかかってくるので、どの電話番号がどの店舗のものかわからず、折り返しする気力もなくその日は放置。

次の日にも電話がかかってきたので出てみたら、Kaya Skin Clinicからでした。

本当は3店舗全部で話を聞いて相見積もりをしたかったんですが、(本当に急に)コロナが爆増してしまい、この中でいろんな場所に行くことはリスクの高い行為となってしまいました。

なのでKaya Skin Clinicだけで予約。

予約後、メールにて予約確認連絡があり、リスケジュール用の番号も記載されていました。
(事情がありリスケしたんですが、丁寧に対応してくれて好印象。)


 予約当日 

予約と言っても、これは医師によるコンサルテーションの予約です。

「Laser Hair Reovalをしたい」というと、基本プランの説明がありました。

ここでは施術部位を8パーツに分けていて、パーツ毎に施術するほうが高額で、全身脱毛のほうが格段に安く見えるような金額設定。

私は元々全身脱毛希望だったので、一通り話を聞いて全身脱毛を選ぶことを伝えました。
全身脱毛は8パーツ×6回で、48回分という内容。

そうすると、次に、お医者さんではなく会計担当の人を呼んでお金の話。
その時点で提示された金額は80,000ルピー(約115,323円)。

今日契約するから70,000ルピーにならないかと言ってみると、一度断られたもののマネージャーに確認に行ってくれました。

そして、5%引きの76,025ルピー(約109,592円)なら、という返事だったので、交渉が苦手な私はその金額で快諾。

代金を支払ってすぐに施術となりました。



 脱毛施術 

施術部屋はもちろんすべて個室になっています。
店舗入口は小さいけれど、中は思いのほか広く、パッと見て4部屋程個室があった感じでした。

laserhairremoval1

laserhairremoval2

個室は特に広いことはなく、必要最低限のスペースと物品があるだけ。

私は、黒いペロンペロンのロングワンピースに着替えることに。

私物や服は、鍵付きの棚に入れられるようになっていて安心できました。

着替えが終わったら、ベッドに横になってスタート。

機械を2種類持って来て、全身脱毛なので2人がかりでスピーディーにやってくれました。


冷房ガンガン

寒い。インドは通常の冷房設定が18℃くらいなんですが、レーザー照射で熱くなるためか全裸でも冷房ガンガン。
寒いと言えば弱くしてもらえると思うので、次からはちゃんと要望を出そうと思います。
終わるまで約2時間耐えたけど風邪ひくかと思った……。

シェービング

冷たいジェルを惜しみなく出し、照射する直前に毛を剃ってくれます。
自分で剃ってきたほうがいいかどうか聞いたら、「自分で剃ってきたらその分時間短縮にはなると思う」という回答でした。
別に剃らなくても良いようです。
レーザー脱毛=医療脱毛なので、ここではカミソリが扱えるんですよね。
そのカミソリは使いまわしということはなく、新しいカミソリの封を開けて使用し、使用後は破棄していたのでそれも安心ポイントになりました。
(VIOもきっちり剃ってくれます。)

何度も照射

日本で脱毛体験をしたことがないので違いはわかりませんが、何度も照射してくれます。
目で見て毛の違いがあるのか私にはわかりませんが、脇の施術が甘かったのか、スタッフさんが最後のチェックをしている時に脇の照射をやり直していました。

恥じらいはなし

これは私だけかもしれませんが、恥ずかしくなることが全くありませんでした。
ペロンペロンのワンピースに着替えたとは言え、全身脱毛を2人がかりでスピーディーにやってくれるので、上も下もという状況になりもはや全裸。そして開脚。
私が日本人でスタッフさんがインド人で、母語は通じないし、知り合いではない、という点が恥ずかしさを感じない大きな要因かなと思います。

痛み

「輪ゴムではじかれたような痛み」と聞いていましたが本当にその通り!
上半身を担当した機械は、一ヶ所ずつ丁寧に照射するタイプでしたが、脇の照射がまさに輪ゴムではじかれたような痛み。
しかもそれが1回で終わるわけではなく何十回も連続して行われるので痛い。
耐えられないほどではないけれど、相当しかめっ面してたと思います。

下半身とVIOについては、おそらく機械が異なっていて、素早く連続照射するタイプのようでした。痛みは脇の時よりも分散されるものの、皮膚が熱くなっているのを感じました。
(だから冷房が強いのかもしれないけどそれでも寒い!)

痛みで言えば、脇のほうが辛かったかな……。でももう忘れてる(笑)

脇の照射をした時に焦げたにおいがしたのが私には面白かったです。



 脱毛のその後 

施術後24時間はお風呂に入らないように注意がありました。
水のみならOKということでしたが、熱いお湯やボディーソープなどは刺激になってしまうようです。

直後と次の日は、左の二の腕部分に強い日焼けのようなひりひり感がありました。
3日間ほど全身の乾燥とそれに伴うかゆみが強くありましたが、クリニックからもらった保湿剤をまんべんなく塗りたくり乗り越えました。
日中かゆくなった時も、(在宅勤務になったので)すぐに保湿剤を塗り、できるだけかかないように耐えていました。

4日経過後は乾燥を感じなくなり、かゆみも収まったように思います。ちょうど保湿剤もこの頃になくなりました。

まだ10日も経っていないのでわかりませんが、伸びた毛が自然に抜けるそうなので楽しみです。



気になったのが次回予約のスケジュール。

現時点では1ヶ月後に予約をしています。

日本のレーザー脱毛情報を見ると毛周期にあわせて2~3ヶ月に1回の模様。

1ヶ月ごとにレーザー脱毛をしていくのは日本人の毛周期の点から早いのでは?6回プランなので、6ヶ月後にコース完了しても照射できていない部分が残るのでは?と疑問を感じているので、毛が生えるペースを見ながら調整していけたらと思っています。



 行ったのはここ 

Kaya Skin Clinic (DLF Galleria, Gurugram)

laserhairremoval3